本文へスキップ
センター紹介 研究 利用方法 刊行物 木材の豆知識 その他 サイトマップ
トップ研究研究紹介>材料開発部

 

材料開発部

 材料開発部では、森林資源の総体的な有効利用を図る視点で研究を行っています。スギ林などの人工林を伐採すると直径が小さかったり、曲がったりして建築用材に不向きな木が必ず出てきます。これらのものは、販売価格以上に搬出経費を要するため林地に放置されていました。木材は「再生可能なエネルギー源」ですが、山に放置されていてはその価値がなくなります。使うためには、どのような条件が必要なのか、加工するための装置やコスト等を見極めることは大変重要です。
 また、木材は構造材だけではなく、土木工事用資材や外構部材としても重要です。しかし、木材は「腐る」ためメンテナンスや交換が必要です。このため、環境条件や塗装の有無でどの程度耐用年数が変わるのか、交換の目安となる指標はどのようなものか、などを研究しています。
材料開発部の紹介図

研究者紹介

 部長 平郡雄二 
研究分野  木質環境
所属学会  日本木材学会
  研究内容  スギ材を用いた木質環境に関する研究を行っています。
 主任研究員 岩崎新二
研究分野  木材の耐久性
所属学会  日本木材学会、防菌防黴学会
  研究内容  木材の耐久性を高めるために、防腐処理の効果、耐蟻性評価、木材保護塗料の耐候性評価等の研究を行っています。
 主任研究員 須原弘登 博士(農学)
研究分野  バイオマス利用・バイオリファイナリー(生物化学系)
所属学会  日本木材学会
  研究内容  林地残材・樹皮などの未利用資源の有効利用に関して研究を行っています。手がけているテーマは以下の様になっています。
 ・未利用木質資源の半炭化法による木質燃料の開発
 ・オビスギの香り成分の機能性評価

 ・スギ精油の利用用途の拡大に関する研究
 主任技師 東ア無我
研究分野  バイオマス利用
所属学会  日本木材学会
  研究内容  スギに含まれるテルペンなどの精油成分に関する研究を行っています。