トップ > 教育・子育て > こども・子育て・青少年 > 少子化対策 > ライフデザイン事業について

掲載開始日:2022年7月26日更新日:2022年7月26日

ここから本文です。

ライフデザイン事業について

県では、未来の担い手である若い世代に対し、将来どのように暮らし、働き、生きていきたいか、自分自身の将来設計を考える機会を提供することで、一人ひとりが希望する人生の実現に繋げてもらうことを目的として、ライフデザイン事業を展開しています。

ライフデザインフォーラムの開催

大学生や若手社会人の皆さんを対象とした、ライフデザインフォーラムを開催しています。

令和3年度は、東洋経済オンラインの人気連載「ほしいのは『つかれない家族』」の著者ハラユキさんをゲストに迎え、さまざまな家族のかたちから見えてくる幸せのあり方、生き方・暮らし方の多様性についてお話いただきました。

出前講座の実施

平成29年度から令和3年度までに、県内高校9校(延べ10回)、大学7校(延べ13回)、専門学校1校で出前講座を実施しました。令和4年度の出前講座実施校の募集は、9月頃開始予定です。

事業報告書

各年度のフォーラム、出前講座の概要をご覧いただけます。

デジタルコンテンツ

ライフデザインってなに?

「ライフデザイン」

この言葉を聞いて、あなたはどんなことを思い浮かべますか?

この動画では、みなさんが自分にとっての「ライフデザイン」を考えるためのヒントをご紹介します。

ライフデザインアンケート(性別で考え方は違う?)

「結婚や出産、介護など家庭の事情で仕事を辞める可能性は?」

「子どもがうまれたとき、自分が育児休業をとりたい?パートナーに育児休業をとってもらいたい?」

宮崎大学の学生と一緒に、結婚や出産に関するアンケートを実施しました。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部こども政策局 こども政策課子育て支援担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

ファクス:0985-26-3416

メールアドレス:kodomo-seisaku@pref.miyazaki.lg.jp