トップ > 観光・文化・交流 > 文化 > その他 > 宗教法人規則の変更認証申請

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2019年6月10日

宗教法人規則の変更認証申請

宗教法人規則に則って、宗教法人法第27条に基づく規則変更認証申請を行なってください。宮崎県では、規則に則った手続きが踏まえていることを確認し、認証を行なっています。

1.規則変更の種類

(1)宗教法人規則の変更(通常の場合)

宗教法人規則を変更するためには、宗教法人法及び宗教法人規則に定められた必要手続きを経て、所轄庁(宮崎県)に対して規則変更の認証申請を行い、宮崎県知事から認証を受けることが必要です。

宗教法人法>

  • 規則を変更しようとするときは、規則で定めるところによりその変更のための手続きをし、その規則の変更について所轄庁の認証を受けなければならない(第26条第1項)。

(2)特別な規則の変更

1.包括・被包括関係の設定・廃止

宗教法人が本山から離脱し「単立法人」になる場合、本山を変更する場合及び「単立法人」から本山の被包括法人に属する場合には、宗教法人規則の変更が必要となります。

宗教法人法>

  • 認証申請の少なくとも2月前に、信者その他の利害関係人に対し、被包括関係の設定又は廃止に係る規則の変更の案の要旨を示してその旨を公告しなければならない。(第26条第2項)
  • 被包括関係を設定しようとする場合には、認証申請前に当該関係を設定しようとする宗教団体の承認を受け、被包括関係を廃止しようとする場合には、公告と同時に当該関係を廃止しようとする宗教団体に対しその旨を通知しなければならない。(第26条第3項)

2.従たる事務所の設置

宗教法人が主たる事務所の他に従たる事務所を設置する場合には、宗教法人規則に規定した手続きを経た後、所轄庁である宮崎県知事の規則の変更認証を受け、登記所に従たる事務所の設置に係る登記をしなければなりません。

2.認証申請に必要な書類

以下の書類を添付の上、規則変更認証申請を行なってください。

  • (1)規則変更認証申請書1部
  • (2)変更しようとする事項を示す書類2部(但し、変更しようとする事項が登記事項である場合には3部)
  • (3)その他、必要に応じて添付書類を提出すること
    • 法人印の印鑑登録証明書(原本)
    • 責任役員会議事録(写し)
    • 総代会等の同意書(写し)
    • 包括団体の承認書(写し)
    • 宗教法人規則(写し)
    • 境内地・境内建物図面及び写真
    • 不動産登記簿謄本
    • 施設利用計画書
    • 公告証明書
    • 関係設定の承認書(写し)
    • 関係廃止の通知書(写し)
    • 事業説明書

なお、各種申請書等に添付する書類において、「原本証明」が必要な場合には、原本をコピーの上、コピーの下部余白や裏面等に次のように記入して証明を行なってください。

3.申請書様式他

以下の申請書を使用してください。

なお、通常、規則変更認証書発行までには、1ヶ月程度時間をいただいております。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総合政策部みやざき文化振興課文教担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7118

ファクス:0985-32-0111

メールアドレス:miyazaki-bunkashinko@pref.miyazaki.lg.jp