先輩からのメッセージ

未来の宮崎を、より良いものに 小川 文乃

未来の宮崎を、より良いものに

小川 文乃
所属:東京事務所(東京海上日動火災保険株式会社)/入庁:平成27年
○これまでの配属先
H27 生活・協働・男女参画課
H29 西臼杵支庁
R2  東京事務所(東京海上日動火災保険保険株式会社)

派遣先の概要

派遣先の概要 イメージ

 東京海上日動火災保険は、損害保険会社です。お客様と社会の「いざ」というときにお役に立てるよう、自動車保険や火災保険、賠償責任保険など様々なリスクに対する備えとなる商品・サービスを提供しています。

現在携わっている仕事(研修)内容

現在携わっている仕事(研修)内容 イメージ

 「公務開発部」という部署に所属し、中央省庁や地方公共団体等と連携した保険商品の企画開発、制度設計を行っています。国や地域が抱える課題解決のために「損害保険」の仕組みをどのように活かせるか、多様な主体と連携し取組を進めています。

県庁との違い

県庁との違い イメージ

 仕事の進め方や意思決定の方法など、様々な場面で県庁とのちがいがあり、日々刺激を受けています。帰任後は、派遣研修を通して得た学びや経験、新たな視点を生かした働き方をしていきたいと思います。

休日の過ごし方、リフレッシュ法

 都内の観光地巡りや街歩きなどを楽しみ、リフレッシュしています。オンとオフを切り替え、自分の時間をしっかり持ちながら働けるところも、県職員の魅力の一つだと感じています。

今後の目標

派遣研修を通して、官民が連携して社会課題解決に取り組むことで可能性が大きく広がることを実感しました。この経験を生かし、地域の様々な立場の方々と一緒に考え、協働し、より良い宮崎づくりに貢献できる職員を目指していきたいです。

一日の流れ

8:45 仕事開始
(メールチェック、デスクワーク)
11:30 打合せ
(中央省庁や地方公共団体、社内)
12:00 昼食
13:00 デスクワーク
14:30 打合せ
(中央省庁や地方公共団体、社内)
15:00 デスクワーク
17:30 仕事終了
小川 文乃

受験者へのメッセージ

 異動を経験する中で、幅広い分野から「宮崎県」に関わることができるのは、県職員の大きな魅力の一つだと感じています。また、性別や年齢に関係なく自分次第で様々なことにチャレンジできるため、入庁6年目を迎えた今、改めて魅力的な職場だと実感しています。未来の宮崎の姿をより良いものにするため、ぜひ私たちと一緒に働きましょう!