先輩からのメッセージ

千里の道も一歩から 池田 康弘

千里の道も一歩から

池田 康弘
所属:病院局経営管理課県立病院整備推進室/入庁:平成21年

○これまでの配属先
H21 営繕課
H23 延岡土木事務所
H26 危機管理局消防保安課
H29 企業局電気課
R2  病院局経営管理課県立病院整備推進室

県職員を選んだ理由

県職員を選んだ理由 イメージ

 私は宮崎出身ですが、4年間関西で働いていました。離れてみると、宮崎の魅力的なところに気づき、宮崎で働きたいという気持ちが強くなりました。自分の経験、勉強してきたことを最も生かすことができると考え、県庁の電気職に応募しました。

現在携わっている仕事内容

現在携わっている仕事内容 イメージ

 県立病院のネットワークやシステムの管理をしています。また、新しい県立宮崎病院に導入するシステム構築も担当しています。病院の職員や、システムメーカーの方の力を借りながら、より良いものを導入できるよう頑張っています。

仕事のやりがいについて

 仕事のやりがいについて イメージ

 病院に導入するシステムの管理は、大勢の方が使い、病院の利便性を向上させる重要なものなので、大きな責任を伴いますが、それ以上にやりがいも感じています。

これまでの仕事で印象に残っていること

 企業局に勤務していた頃、初めてダムの放流をした時のことをよく覚えています。大きな機械音が鳴り、巨大なものを動かしている実感とともに、操作ミスは許されないという緊張で震えました。大雨の後、放流を無事終えた時の充足感は大きかったです。

受験者へのメッセージ

 「苦労は買ってでもしろ」といいますが、買わなくても売るほどやってきます。それよりも、できるうちに見聞を広めておいてください。なんでもいいです。後々になって、ひょんなことから役に立つことがあります。

一日の流れ

8:15 登庁
8:30 業務開始(メールチェック)
10:00 web会議
12:00 昼食
13:00 県立宮崎病院へ移動
13:30 新県立病院に関する打合せ
15:00 現場確認
16:00 県庁へ移動
デスクワーク
18:00 退庁
池田 康弘

受験者へのメッセージ

 電気職は、建物内の電気設備にとどまらず、ダムや水力発電所、山奥の鉄塔など、普段入ることのできない場所に立ち入ることができます。最初は何も知らなくても、お互い助け合っていく職場ですので、心配はいりません。