先輩からのメッセージ

公正かつ柔軟に 波越 慎吾

公正かつ柔軟に

波越 慎吾
所属:東臼杵農林振興局/入庁:平成25年

○これまでの配属先
H25 山村・木材振興課
H27 岩手県(被災地派遣)
H29 東臼杵農林振興局 諸塚駐在所
R2  東臼杵農林振興局

県職員を選んだ理由

県職員を選んだ理由 イメージ

 林業に携わる仕事をしたいと思い、就職先を探す中で、森林整備を行う仕事に憧れましたが、チェーンソーを扱うのが怖かったので断念しました。最終的に、林業に関わりがあり、安全かつ安定している公務員の職を選びました。

現在携わっている仕事内容

現在携わっている仕事内容 イメージ

 現在は、森林土木業務の担当をしており、森林整備の基盤となる『林道』を開設するための設計・積算業務や工事の監督業務に携わっています。

仕事のやりがいについて

仕事のやりがいについて イメージ

 森林土木の仕事は、自分が思い描いていた林業の仕事とは違っていましたが、これまで山しかなかった未開の地に、自ら設計した道が徐々に完成していくのをみると達成感を感じます。

これまでの仕事で印象に残っていること

これまでの仕事で印象に残っていること イメージ

 東日本大震災の被災地支援で岩手県に赴任した際、同じ業務でも異なる考え方・進め方があることに戸惑いもありましたが、「やり方は一つではない」ことを理解し、自分の仕事に対する視野を広げる良いきっかけとなりました。

公務員の仕事について

 公務員はどの職種においても、何かしらの法令などに基づき仕事を行っています。その基準に縛られ、通り一遍の対応をしてしまうと“お役所仕事”と揶揄されてしまいます。規律を守ることも大切ですが、その基準を逸脱しない範囲で、どこまで柔軟な対応ができるかが重要な仕事だと私は思っています。

一日の流れ

7:15 登庁(神棚の水替え、コーヒー作り)
7:30 仕事開始(メールチェック、書類確認、現場立会準備)
8:30 現場に向け出発
※移動時間:約1時間30分~2時間
10:30 現場立会(現場状況の確認、受注業者への指導・打合せ)
12:00 現場にて昼食
14:00 帰庁、デスクワーク
19:00 退庁
波越 慎吾

受験者へのメッセージ

 様々な思いをもって受験されると思いますが、宮崎の林業を守り発展させていこうとする気持ちは同じかと思います。そんな意欲ある皆さまとともに仕事が出来ることを楽しみにしています。