先輩からのメッセージ

何事も目標を持って取り組み、宮崎県の農業の発展に寄与 前田 優香子

何事も目標を持って取り組み、宮崎県の農業の発展に寄与

前田 優香子
所属:農業連携推進課/入庁:平成24年

○これまでの配属先
H24 総合農業試験場
H27 東臼杵農林振興局
R1  農業連携推進課

県職員を選んだ理由

県職員を選んだ理由 イメージ

 大学在学中に県総合農業試験場を訪問し、農作物の栽培試験や品種改良試験について話を聞く機会がありました。試験場の研究成果が県内の農家の所得向上に繋がることを知り、生まれ育った宮崎の農業に貢献したいという思いから、県職員を選びました。

現在携わっている仕事内容

現在携わっている仕事内容 イメージ

 現在は、農林漁業者が生産から加工・販売まで行う6次産業化の推進業務に携わっています。具体的には、6次産業化に関する県の振興方針や施策の企画・立案、事業者に対する商品開発・販路開拓支援等を行っています。

仕事のやりがいについて

仕事のやりがいについて イメージ

 県の施策を企画・立案するにあたっては、現状の分析や関係機関との意見交換、庁内の関係部局との協議を十分に行い、事業化を進めていきます。自身が携わった施策が形となり、新しい取組が生まれたときにやりがいを感じます。

休日の過ごし方、リフレッシュ法

休日の過ごし方、リフレッシュ法 イメージ

 映画鑑賞をしながら自宅でゆっくり過ごしたり、同僚とランチや旅行に行ったりしています。仕事を通して、休日にも気楽に過ごせる楽しい仲間に出会えました。

今後の目標

 農業は専門的かつ幅広い知識・技術が必要だと感じます。どのような業務にも目標を持って積極的に取り組み、多くの経験を積むことで、知識・技術をしっかりと自分のものにしていきたいです。

一日の流れ

8:20 登庁(新聞チェック)
8:30 仕事開始(メールチェック)
10:00 課内会議
11:00 デスクワーク
12:00 昼食
13:00 関係機関との協議
14:30 デスクワーク
18:00 退庁
前田 優香子

受験者へのメッセージ

 宮崎県の農業は全国でもトップクラスです。宮崎県の農業の更なる発展に向け、皆さんと働ける日を楽しみにしています!