先輩からのメッセージ

自分の強みを生かして、宮崎県に貢献したい 陰山 翼

自分の強みを生かして、宮崎県に貢献したい

陰山 翼
所属:営繕課 設備室/入庁:平成27年

○これまでの配属先
H27 工業技術センター
H30 営繕課設備室

県職員を選んだきっかけ

県職員を選んだきっかけ イメージ

 学生時代は機械工学を専攻しており、生まれ育った宮崎で、専門知識を生かせる仕事として、宮崎県庁の機械職を選びました。

現在携わっている仕事内容

現在携わっている仕事内容 イメージ

 所属する営繕課設備室では、県有施設の新築、増築、改修等の工事の発注及び工事監理を行っており、その中の管・空調工事を担当しています。

仕事のやりがいについて

仕事のやりがいについて イメージ

 機械職は特に、専門性の高い職場へ配属されるため、大きな責任を伴う仕事が多いですが、多くの知識や経験を身に付け、課題を1つ1つ解決していくことにやりがいを感じます。

休日の過ごし方、リフレッシュ法

休日の過ごし方、リフレッシュ法 イメージ

 休日は、遊びに行ったり、美味しいものを食べたりしています。また、県庁のサッカー部に所属し、同僚と共にサッカーで汗を流すこともリフレッシュ方法の1つとなっています。

今後の目標

 機械職の仕事は多岐にわたり、技術職であるため、高度な専門知識を求められる場面もあります。経験の有無に関わらず、どのような業務にも積極的に取り組み、自己研鑽に努めたいと思っています。

一日の流れ

8:10 登庁(新聞チェック)
8:30 仕事開始(メールチェック)
09:00 打ち合わせ
デスクワーク
10:00 現場監理
12:00 昼食
13:00 現場監理(午前とは別現場)
16:30 デスクワーク
18:00 退庁
陰山 翼

受験者へのメッセージ

 専門性の高いものが多く、日々勉強が必要な仕事でありますが、同時に大きなやりがいも感じることができます。周りには頼れる先輩がたくさんいます。あなたと共に仕事ができることを心待ちにしています。