先輩からのメッセージ

この人に相談してよかったと思ってもらえる保健師でありたい 原田 七生 

この人に相談してよかったと思ってもらえる保健師でありたい

原田 七生
所属:小林保健所/入庁:平成25年

○これまでの配属先
H25 高千穂保健所
H28 産休、育休取得
H31 小林保健所

県職員を選んだ理由

県職員を選んだ理由 イメージ

 保健師として県民の健康を支えたいと思い、保健師を希望しました。県職員は定期的な異動もあるため担当業務だけでなく、幅広い分野について学ぶことができ、様々な職種の方々と一緒に働くことができることも県職員を希望した理由です。

現在携わっている仕事内容

現在携わっている仕事内容 イメージ

 主に精神保健福祉に関する業務を担当しています。電話や来所での相談対応や、自宅訪問、普及啓発活動の実施などをしています。保健所業務は多岐にわたるため、担当以外の業務に携わることもあります。

仕事のやりがいについて

仕事のやりがいについて イメージ

 相談対応には難しさを感じることも多いですが、相談者が「話をして気持ちが軽くなった」と言ってもらえた時は嬉しく思います。

休日の過ごし方、リフレッシュ法

休日の過ごし方、リフレッシュ法 イメージ

 休日は子どもと一緒に過ごします。公園に行って一緒に遊ぶこともリフレッシュ法の一つです。

今後の目標

 保健所の業務は多岐にわたります。専門性を生かしつつ、幅広い仕事を経験できることは大きな魅力だと思います。色々な経験を通して、今後も県民の健康を支えることができる保健師として成長していきたいです。

一日の流れ

8:15 登庁
8:30 仕事開始(メールチェック、事務処理)
デスクワーク、訪問、相談対応
12:00 昼食
13:00 担当事務の処理、訪問、相談対応
自宅訪問
17:40 退庁
原田 七生 

受験者へのメッセージ

 保健師の仕事はとてもやりがいのある仕事です。風通しのよい職場環境で福利厚生も充実しています。子育てしている先輩方も多いため、相談もしやすい環境だと思います。