先輩からのメッセージ

県民の健康づくりに貢献できる管理栄養士に!!! 松本 朋子

県民の健康づくりに貢献できる管理栄養士に!!!

松本 朋子
所属:県立宮崎病院/入庁:平成29年

○これまでの配属先
H29 県立宮崎病院

県職員を選んだ理由

県職員を選んだ理由 イメージ

 生まれ育った宮崎に愛着があり、地元で働きたいと考えていました。病院・行政の管理栄養士として幅広い業務に携わることができることに魅力を感じ、県職員を選びました。

現在携わっている仕事内容

現在携わっている仕事内容 イメージ

 現在は、チーム医療の1つである栄養サポートチーム(NST)に携わっています。医師や看護師等の他職種と共に、栄養状態の改善、治療効果の向上、QOLの向上等に向け活動をしています。

仕事のやりがいについて

仕事のやりがいについて イメージ

 提案した栄養療法を行い病状の回復とともに、栄養状態も改善し、患者さんの活気が少しずつ戻ってくる様子がみられた時は、やりがいを感じます。

これまでの仕事で印象に残っていること

これまでの仕事で印象に残っていること イメージ

 自分が作った新しい献立が患者さんに提供されているのを見た時が印象に残っています。「食べられる量が増えた。」と患者さんに意見をいただいた時は大変うれしく、頑張って良かった、と思いました。

今後の目標

 様々な業務を経験し、スキルアップして憧れの先輩管理栄養士のようになりたいです。そのために今は、日々の仕事を丁寧に行うことや研修等に積極的に参加し、これからの自分の成長に繋げていく事ができるような知識と技術の習得に向けて頑張りたいです。

一日の流れ

8:30 業務開始(カルテ確認)
9:45 栄養管理科ミーティング
10:00 NST回診準備(食事調整、アセスメント)
12:00 昼食
13:00 カルテ確認
13:30 NSTカンファレンス・回診
15:00 NST回診記録
17:15 業務終了
松本 朋子

受験者へのメッセージ

 県の管理栄養士は、病院だけでなく保健所等でも活躍し、管理栄養士として様々な分野を経験することができます。一緒に県民の健康づくりに携わってみませんか?皆さんと働けることを楽しみにしています。