先輩からのメッセージ

美しいふるさと「宮崎」を未来へ繋ぐために 富山 裕規

美しいふるさと「宮崎」を未来へ繋ぐために

富山 裕規
所属:延岡保健所/入庁:平成28年

○これまでの配属先
H28 消防保安課
H30 延岡保健所

県職員を選んだ理由

県職員を選んだ理由 イメージ

 県外の大学に進学し、他県にはない宮崎県の自然のすばらしさを改めて実感しました。自分が大学で学んだ化学の知識を生かしつつ、かけがえのないふるさとの自然を守り、次の世代にも繋げていけるような仕事がしたいと思い、県職員を選びました。

現在携わっている仕事内容

現在携わっている仕事内容 イメージ

 環境に関する法律の許認可を行っています。主に産業廃棄物や使用済み自動車に関するもので、許可や届出の内容を審査するとともに、現場の施設に出向き、法に定める基準に適合しているか、適正に処理されているかなどを確認しています。

仕事のやりがいについて

仕事のやりがいについて イメージ

 産業廃棄物処理施設の許認可事務に携わり、完成した施設を見た時には達成感を覚えました。事業者の方と、それぞれの立場で取り組み、苦労の末に成し遂げた後、お互いに笑顔を交わすことができ、とても充実感がありました。

休日の過ごし方、リフレッシュ法

休日の過ごし方、リフレッシュ法 イメージ

 休日は妻と2人でソフトテニスをして汗を流しています。また、最近子どもが生まれたので、子どもと妻と3人で天気のいい日は散歩に出かけています。子どもとふれあう時間も仕事を忘れてリフレッシュできるかけがえのない時間になっています。

今後の目標

 県民に寄り添った行政のスペシャリストになることが目標です。そのためにも、単に法令の適合状況を審査するだけでなく、現場の声に耳を傾け、事業者と地域住民の双方の要望をかなえるにはどうすればいいかなどを常に考え、県民目線で対応することを心がけています。

一日の流れ

8:10 登庁
8:30 仕事開始(メールチェック)
09:00 事業者との打ち合わせ
10:00 申請・届出に関する施設の現場確認
12:00 昼食
13:00 廃棄物処理施設への立入検査
15:00 申請・届出書類の審査
18:00 退庁
富山 裕規

受験者へのメッセージ

 化学職は、環境対策・産業保安・研究など幅広い仕事を担っています。それぞれ内容は違いますが、最終的には県民の財産や安心・安全を守ることに繋がっています。私たちと一緒に宮崎県を発展させましょう。