本文へスキップ
センター紹介 研究 利用方法 刊行物 木材の豆知識 その他 サイトマップ
トップ研究>研究課題一覧

 

研究課題一覧

 令和元年度の長期計画ごとの試験研究課題をご紹介します。

令和元年度試験研究課題一覧

     
<資源の循環利用システムの確立>
研究課題 研究期間 テーマ(担当部)
未利用木質資源の多角的な有効活用 H29〜R01


H27〜R01


H30〜R02

H28〜R02

R01〜R02
○オビスギの魅力を引き出す抽出成分に関する研究(生活害虫に対する忌避効果に関する研究)(材料開発部)
○オビスギの魅力を引き出す抽出成分に関する研究(オビスギ抽出成分の特性に関する研究)(材料開発部)
○木材関連工場より排出されるエマルション油等の有効活用に関する研究(材料開発部)
○スギ針葉の成分利用に関する研究(腐朽菌を用いた生物変換)(材料開発部)

○スギ由来タール状物質の効果的利活用に関する研究
森林資源の循環利用システムの
確立
H28〜R01 ○シロアリによるスギ材の食害促進物質の探索(材料開発部)
<品質の確かな製品の加工・供給体制の整備・充実>
研究課題 研究期間 テーマ(担当部)
スギ構造材の人工乾燥技術の
確立
H30〜R02

H30〜R01
○スギ大径材の伐採高さによる材質の変動と樹幹内強度分布の解明(木材加工部)
○県産材と合板・LVLを用いた新たな木質材料の開発(木材加工部)
<木質バイオマスを活用した産業の育成>
研究課題 研究期間 テーマ(担当部)
未使用木質バイオマスのマテリアルの利用の推進 R01〜02
○廃棄プラスチック及び廃棄木材等を利用した再生ボードの開発可能性調査(構法開発部)
<県産材の需要・販路等の開拓>
研究課題 研究期間 テーマ(担当部)
公共建築物などの木造化・木質化促進 H27〜R01

H30〜R01



H28〜R02


H30〜R02

H23〜R01


R01

H30〜R01

○宮崎県産スギを用いた新たなCLTの開発
(長期性能)(木材加工部)
○宮崎県産スギCLT普及のための県産スギ平行積層集成板(〈仮〉MLT:Miyazaki Laminated Timber)を使用した小規模建築物用耐力壁の開発(構法開発部)
○公共建築物等の木造化・木質化推進に関する技術支援(構法開発部(木構造相談室))
○中・大規模木造建築物における接合部の長期性能の解明(構法開発部)
○中・大規模木造建築物の接合部における生物劣化を評価するためのシステムの開発
(構法開発部)
○宮崎県産スギ材を用いた内装木質化の効果に関する研究(材料開発部)
○県産材による構造用集成材及びCLT製造に関する研究(木材加工部)
<大径材を活用した家づくりなど住宅産業等との連携の促進>
研究課題 研究期間 テーマ(担当部)
スギ大径材を活用した魅力ある製品や構法等の開発 H28〜R02 ○構造用製材の強度特性予測技術の開発(構造用製材の長期挙動に関する強度特性予測技術の開発)(木材加工部)
<木質バイオマスの利用拡大>
研究課題 研究期間 テーマ(担当部)
木質バイオマスの利用促進 H29〜R01 ○木質バイオマスを用いた半炭化燃料の開発(材料開発部)