トップ > しごと・産業 > 労働・雇用 > 技能振興 > 「第42回宮崎県障がい者技能競技大会アビリンピックまつりinみやざき2020」を開催します!

ここから本文です。

更新日:2020年4月28日

「第42回宮崎県障がい者技能競技大会アビリンピックまつりinみやざき2020」を開催します!

アビリンピックとは

「アビリンピック」とは、アビリティ(能力)とオリンピックを合わせた造語です。

「宮崎県技能競技大会アビリンピックまつりinみやざき2020」では、障がいのある方が日頃培った技能を互いに競い合うことにより、その職業能力の向上を図るとともに、企業や社会一般の人々が障がい者に対する理解と認識を深め、その雇用の促進を図ることを目的に、毎年開催しています。

注意:新型コロナウィルス感染防止のため、開催内容に変更が生じる場合があります。

日時・会場

  • 【日時】
    令和2年7月4日(土曜)9時30分から15時30分まで
    • 競技:10時から12時頃まで
    • 閉会式:15時から
  • 【場所】
    ポリテクセンター宮崎(宮崎市大字恒久4241番地)

競技種目

今大会では、下記の8種目を実施します。また、今年度から「表計算」が新しい競技として追加されました。

種目名 競技内容

ワード・プロセッサ

Word(ワード)を使用し、文字入力・文書作成・文章の編集と校正等の課題に対する技術力を競う。

ビルクリーニング

模擬オフィスで、モップやダスタークロス等を使って、床や机の上の清掃作業を行う技術を競う。

表計算

Excel(エクセル)を使用し、表計算機能の知識やグラフ作成機能等の総合的な技術力を競う。

喫茶サービス

模擬喫茶店で、お客様へ一連の接客業務を行う。接客の正確さやサービスの技術を競う。

DTP

提供される画像や文章素材を使って、チラシやリーフレットを作成する。技術力や創造力を駆使して、個性を競う。

アイロン仕上げ(県独自競技)

ワイシャツのアイロン仕上げ作業を行う。仕上がり具合や、作業中の動き等を競う。

縫製

ミシンを使用して、エプロンを製作する。作品の仕上がり具合や、布地・ミシンの扱い方等を競う。

フラワーアレンジメント

花材を用いて、卓上テーブル装花を制作する。花の位置や高さ、全体の仕上がりを競う。

なお、成績優秀者には、競技種目毎に「宮崎県知事賞」として金賞、銀賞、銅賞が贈呈されます。また、金賞受賞者は今年11月に愛知県で開催される全国大会の宮崎県代表選手として推薦される予定です(県独自競技を除く)。

令和元年度全国障がい者技能競技大会では、本県から6種目6名の方が出場し、1名が入賞(銀賞)しました。

全国障がい者技能競技大会出場者インタビュー(PDF:1,048KB)

イベント

イベントにつきましては、新型コロナウィルス感染防止のため、中止を予定しています。

主催・共催

  • 主催:独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構宮崎支部
  • 共催:宮崎県

開催案内

お問い合わせ先

独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構宮崎支部高齢・障害者業務課

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

商工観光労働部雇用労働政策課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7107

ファクス:0985-32-3887

メールアドレス:koyorodoseisaku@pref.miyazaki.lg.jp