トップ > しごと・産業 > 産業集積・企業立地 > 産学官連携 > 「ひなた創生のための奨学金返還支援事業」について

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2018年6月27日

「ひなた創生のための奨学金返還支援事業」について

奨学金タイトルイメージ

新着情報

2018年6月27日

「みやざき就職応援サマーフェス!県内企業との交流イベント」を開催します!

2018年2月28日

平成30年度「ひなた創生のための奨学金返還支援企業」の認定について

2018年2月15日

平成29年度「ひなた創生のための奨学金返還支援事業」支援対象者の募集について(二次募集)

2017年12月8日

「みやざき就職応援フェス!県内企業との交流イベント」を開催します!

2017年11月29日

平成30年度「ひなた創生のための奨学金返還支援企業」の募集について

2017年10月30日

平成29年度日本学生支援機構第一種奨学金(地方創生枠)宮崎県推薦者の募集について

2017年9月21日

平成29年度「ひなた創生のための奨学金返還支援事業」支援対象者の募集について

1.「ひなた創生のための奨学金返還支援事業」とは...

事業ロゴ若者の宮崎県内の企業等への就職を促進し、本県からの人口流出を抑止することにより、今後の地域や産業の担い手を確保し、本県経済の活性化による真の地方創生の実現を図る必要があります。
た、県内の大学等に在籍する学生の奨学金貸与率は5割を超えており、若者の県内定着を促進する上では、奨学金の返還支援が重要な課題となっております。
そこで、宮崎県では、県内企業に就職した若者が在学時に貸与を受けた奨学金の返還を産業界とともに支援することにより、本県の地域や産業を担う若者の県内への就職と定着を促進する「ひなた創生のための奨学金返還支援事業」を実施することとしました。

2.事業イメージ

イメージ(ひなた)

3.支援額

学等に在学中に貸与を受けた奨学金の要返還額の2分の1を上限に、対象となる支援企業に就職した1年目、3年目、5年目に次の表のとおり支援します。

 

給付率

支援限度額(円)

1年経過時点

3年経過時点

5年経過時点

合計

大学院・6年制大学

2分の1以内

450,000

450,000

600,000

1,500,000

4年制大学

2分の1以内

300,000

300,000

400,000

1,000,000

短大・高専・専修学校専門課程

2分の1以内

150,000

150,000

200,000

500,000

4.支援の対象となる方

1.対象者(次の全てに該当する方が対象)

  • 次年度に対象となる支援企業に正規雇用により就職する予定のある方(既卒者も可)
  • 日本学生支援機構奨学金、宮崎県育英資金、宮崎県奨学会奨学金のいずれかの貸与を受けている方

2.支援人数

  • 平成29年度~平成36年度の8か年に渡って毎年度40名、合計320名の支援者を決定します。

3.支援申請の方法

  1. 就職内定等を得た支援企業からの推薦書を添付し、本人から県に申請していただきます。(詳細は毎年度9月以降に御案内します)
  2. 県で選考の上、支援対象者を決定します。(申請年度の3月を予定)

5.支援企業一覧

事業に賛同し、県とともに奨学金返還の支援を行なっていただける県内企業等の一覧です。認定企業ロゴ

お、支援企業は毎年度募集しますので、最新の一覧を御確認ください。

企業の詳細はこちらのページを御覧ください。⇒奨学金返還支援企業(外部サイトへリンク)

6.寄附のお願い

1人でも多くの若者に県内に定着してもらうため、本事業への御支援・御協力をお願いしております。詳細については「ひなた創生のための奨学金返還支援事業に対する寄附のお願い」を御覧ください。

 日本学生支援機構第一種奨学金(地方創生枠)の推薦について

1.日本学生支援機構第一種奨学金(地方創生枠)とは...

では、向学心に富み、優れた素質を有しながら経済的理由により修学が困難な学生等に対し、独立行政法人日本学生支援機構の第一種奨学金(無利子)が優先的に貸与されるよう地方創生枠の推薦を行うこととしました。

2.推薦対象者(次の全てに該当する方が対象)

  • 次年度に大学等に進学予定の方
  • 進学先で日本学生支援機構第一種奨学金(無利子)の在学採用を希望される方
  • 進学先を卒業後、対象となる支援企業に正規雇用により就職する意思のある方

注意:日本学生支援機構第一種奨学金(無利子)の貸与条件を満たしている必要があります。

3.推薦人数

  • 平成29年度~平成32年度の4か年に渡って毎年度40名、合計160名の推薦を行います。

4.地方創生枠を活用するメリット

  • 日本学生支援機構無利子奨学金の在学採用において、貸与基準に合致する場合、他の基準適格者に優先して推薦されます。
  • 進学先を卒業後、対象となる支援企業に正規雇用により就職した場合、奨学金の返還支援が受けられます。

5.申請の方法

請方法等については次のページを御覧ください。

関連するリンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総合政策部産業政策課産学官連携推進担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7967

ファクス:0985-26-0047

メールアドレス:sangyoseisaku@pref.miyazaki.lg.jp