トップ > しごと・産業 > 林業 > 森林計画 > 森林経営計画に係る立木の伐採(譲渡)証明について

ここから本文です。

更新日:2021年2月24日

森林経営計画に係る立木の伐採(譲渡)証明について

宮崎県から森林経営計画の認定を受けた方が、山林所得に係る森林計画特別控除の適用を受ける場合、立木の伐採(譲渡)証明申請書(下記様式第1号)により、当該伐採または譲渡が森林経営計画に基づいていることの証明を受ける必要があります。

証明の要件

伐採の場合

当該立木の伐採が、森林経営計画の伐採計画に基づいて行われていること。

当該森林経営計画が、直前の森林経営計画の終期から継続して作成されていること。

譲渡の場合

当該立木の譲渡が、森林経営計画の伐採計画に基づいて伐採が行われることを内容とするものであること。

当該森林経営計画が、直前の森林経営計画の終期から継続して作成されていること。

注意:当該伐採計画による伐採時期が、譲渡した年の翌年又は翌々年中となっており、当該証明の時に伐採されていない立木については、当該伐採計画による伐採後、その伐採が森林経営計画に基づいて行われていることについて、立木の伐採確認申請書(下記様式第2号)を提出すること。

申請者

宮崎県から森林経営計画の認定を受けた方で、当該計画に基づいて伐採または譲渡を行い、山林所得に係る森林計画特別控除の適用を受けられる方。

注意:市町村から森林経営計画の認定を受けた方は、市町村へ申請を行うこと。

申請書の提出時期

当該立木の伐採又は譲渡の時期が属する年の翌年1月末日まで。

提出部数

2部。

様式のダウンロードはこちら

関連リンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境森林部森林経営課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7159

ファクス:0985-27-0987

メールアドレス:shinrin-keiei@pref.miyazaki.lg.jp