トップ > しごと・産業 > 林業 > 森林計画 > 誤伐及び盗伐の状況及び相談窓口のお知らせについて

ここから本文です。

更新日:2019年6月21日

誤伐及び盗伐の状況及び相談窓口のお知らせについて

1.概要

宮崎県では、森林法第10条の8第1項に規定する「伐採及び伐採後の造林の届出」の対象となる森林の伐採が森林所有者に無断で行われ、市町村又は県に情報や相談等があった事案について、定期的に調査を行なっております。

2.とりまとめた相談件数

調査の結果、確認された事案は下記のとおりです。(令和元年5月末時点)

区分

29年度

30年度

元年度

42

36

3

3.誤伐及び盗伐に関する相談窓口(県・市町村)

相談先は下記のとおり。

4.県の取組

(1)関係機関との連携強化

1.「宮崎県森林の誤伐及び盗伐対策に関する協定」締結(平成29年8月28日)

写真:締結式の様子

写真:協定締結式参加者集合

2.森林の誤伐及び盗伐対策連絡本部会議の開催(平成31年1月23日)

写真:本部会議の様子

 

(2)パトロールの強化

  1. 境界確認の指導の徹底
  2. 協定に基づく警察の同行により、現地指導を強化(平成29年9月~)

写真:現地指導風景

 

(3)相談対応の強化

  1. 県、市町村へ相談状況の調査を実施(平成29.2~)
  2. 県、市町村に相談窓口を設置、相談者への対応強化(平成29年8月~)
  3. 県、市町村、警察等の連携を強化(平成29.8~)

(4)伐採届審査の厳格化

  1. 県独自の事務処理マニュアルの作成(平成29年8月28日)

(5)伐採事業者への指導強化

  1. 伐採時の森林境界確認などのチェックシートや留意事項のリーフレットを配布

(6)森林所有者への周知

  1. 注意喚起のチラシの配布(平成29.4~)
  2. 相談窓口(県、市町村)の案内や確認事項等のチラシの配布(平成29年9月~)

5.今後の対応

  • (1)中長期的な対策
    1. 森林境界明確化を図るための取組を推進
  • (2)令和元年度から新たに取り組む対策
    1. 市町村が公表・情報提供を行う森林を地番毎に管理した林地台帳の整備への支援や、適正な運用の指導

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境森林部森林経営課森林計画担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7159

ファクス:0985-27-0987

メールアドレス:shinrin-keiei@pref.miyazaki.lg.jp