トップ > 県政情報 > 統計 > 生活統計 > 宮崎市の消費者物価指数(平成22年平均) > 宮崎市の消費者物価指数(平成22年平均)10大費目別指数の動き(「食料」~「被服及び履物」)

ここから本文です。

更新日:2011年8月1日

宮崎市の消費者物価指数(平成22年平均)10大費目別指数の動き(「食料」~「被服及び履物」)

10大費目別指数の動き(「食料」~「被服及び履物」)

1.食料

平成22年平均は101.6となり、前年に比べ(-)1.0%の下落となった。

生鮮食品についてみると、生鮮魚介は(+)4.9%の上昇、生鮮野菜は(+)7.9%の上昇、生鮮果物は(+)5.8%の上昇となり、生鮮食品全体では(+)6.5%の上昇となった。
生鮮食品を除く食料は101.3となり、前年に比べ(-)2.1%の下落となった。

内訳をみると、魚介類は(+)1.1%、野菜・海藻は(+)4.4%、果物は(+)5.6%の上昇となった。一方、穀類は(-)4.0%、肉類は(-)7.2%、乳卵類は(-)2.2%、油脂・調味料は(-)1.9%、菓子類は(-)2.3%、調理食品は(-)1.7%、飲料は(-)2.8%の下落となった。
なお、酒類と外食については、前年と同水準となった。

「食料」の動きを表すグラフ

2.住居

平成22年平均は98.4となり、前年に比べ(-)0.8%の下落となった。

内訳をみると、設備修繕・維持は(+)4.3%の上昇、家賃は(-)1.7%の下落となった。

「住居」の動きを表すグラフ

3.光熱・水道

平成22年平均は105.7となり、前年に比べ(-)1.2%の下落となった。

内訳をみると、他の光熱は(+)9.0%の上昇となった。
一方、電気代は(-)2.8%、ガス代は(-)1.2%の下落となった。
なお、上下水道料は前年と同水準となった。

「光熱・水道」の動きを表すグラフ

4.家具・家事用品

平成22年平均は90.0となり、前年に比べ(-)4.3%の下落となった。

内訳をみると、家事サービスは(+)1.4%の上昇となった。
一方、家庭用耐久財は(-)7.4%、室内装備品は(-)8.2%、寝具類は(-)8.0%、家事雑貨は(-)
1.0%、家事用消耗品は(-)3.1%の下落となった。

「家具・家事用品」の動きを表すグラフ

5.被服及び履物

平成22年平均は98.8となり、前年に比べ(-)2.3%の下落となった。

内訳をみると、衣料は(-)3.5%、シャツ・セーター・下着類は(-)0.8%、履物類は(-)4.3%、他の被服類は(-)0.8%の下落となった。
被服関連サービスについては、前年と同水準となった。

「被服及び履物」の動きを表すグラフ

お問い合わせ

総合政策部統計調査課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7042

ファクス:0985-29-0534

メールアドレス:tokeichosa@pref.miyazaki.lg.jp