マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2009年1月6日

健康状態調査結果(平成20年度学校保健統計調査結果)

健康状態調査結果

1裸眼視力1.0未満

裸眼視力1.0未満の者の割合は年齢が上がるにつれて高くなり、特に0.3未満の者の占める割合が高くなる傾向にある。
また、全国と宮崎県を比べると、13歳まではほとんどの年齢で全国を下回っているが14歳からは全国を上回る傾向にある。(表10)

表10裸眼視力(1.0未満)(パーセント)
  5歳 6歳 7歳 8歳 9歳 10歳 11歳 12歳 13歳 14歳 15歳 16歳 17歳
1.0未満0.7以上 × 7.9 8.6 7.7 7.9 8.6 6.5 × 13.6 × × 12.7 7.7
0.7未満0.3以上 × 4.5 5.8 9.2 10.3 11.3 13.3 × 14.0 × × 14.2 15.0
0.3未満 × 0.8 2.5 4.5 7.0 9.5 12.8 × 20.2 × × 38.4 43.4
宮崎県計 × 13.1 16.9 21.4 25.2 29.4 32.5 × 47.8 60.2 × 65.3 66.1
全国計 28.9 19.6 22.1 26.8 31.6 37.3 41.4 48.1 53.3 56.3 58.9 56.4 58.6

注意:「×」は疾病・異常被患率等の標準誤差が5パーセント以上、受験者数が100人(5歳は50人)未満または回答校が1校以下のため統計数値を公表しないもの。

2・副鼻腔疾患

鼻・副鼻腔疾患(蓄のう症、アレルギー性鼻炎等)の者の割合は5歳、16~17歳を除いた年齢において10パーセントを超えており、最も割合が高いのは9歳で17.9パーセントである。
また、全国と比較すると、16~17歳を除いた年齢において全国を上回っている。(表11・図33)

鼻・副鼻腔疾患の割合

3アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の者の割合が最も高いのは6歳で3.1パーセント、最も低いのは16歳で1.1パーセントである。
また、全国と宮崎県を比べると、全ての年齢で全国を下回っている。(表11・図34)

アトピー性皮膚炎の割合

4むし歯(う歯)

むし歯(う歯)の者の割合は8歳が78.6パーセントと最も高く、12歳までは未処置歯のある者が処置完了者を上回っている。
また、全国と宮崎県を比べると、全ての年齢で全国を上回っている。(表11・図35・36)

むし歯(う歯)の割合

5心電図異常:6歳、12歳、及び15歳時のみ

心電図異常者の割合は6歳2.7パーセント、12歳3.4パーセント、15歳4.2パーセントで、年齢が上がるにつれ異常者の割合が高くなっている。(表11)

6寄生虫卵保有:5歳から8歳時のみ

寄生虫卵保有者の割合は5歳は該当者なし、6歳0.5パーセント、7歳0.4パーセント、8歳0.5パーセントとなっている。(表11)

7ぜん息

ぜん息の者の割合は5歳が5.1パーセントと最も高くなっている。
また、全国と宮崎県を比べると、5歳、9歳を除く全年齢で全国を下回っている。(表11・図37)

ぜん息の割合

年齢別疾病・異常被患率等

お問い合わせ

総合政策部統計調査課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7042

ファクス:0985-29-0534

メールアドレス:tokeichosa@pref.miyazaki.lg.jp