トップ > 県政情報 > 統計 > 生活統計 > 令和2年(2020年)国勢調査

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2019年10月1日

令和2年(2020年)国勢調査

新着情報

国勢調査2020

令和2年(2020年)10月1日に国勢調査を実施します

日本国内に住むすべての人と世帯が対象です

国勢調査は、日本の未来をつくるために必要な、大切な調査です。

国や地方公共団体が正確な統計に基づいて、公正で効率的な行政を行うためには、

日本に住むすべての人・世帯に漏れなく、正確な回答をしていただく必要があります。

令和2年国勢調査への御協力・御支援をお願いします。

国勢調査とは

国勢調査100年のロゴマーク画像

国勢調査は、統計法(平成19年法律第53号)に定める基幹統計調査として、国内の人口・世帯の実態を把握し、各種行政施策などの基礎資料を得ることを目的としています。

大正9年(1920年)の第1回調査以来、国の最も基本的で重要な統計調査として5年ごとに実施されており、令和2年(2020年)に実施する調査はその21回目に当たり、実施100年の節目を迎えます。

調査の期日

令和2年10月1日現在で実施します。

調査の対象

令和2年10月1日現在、日本国内にふだん住んでいるすべての人(外国人を含む)及び世帯を対象とします。

調査事項

世帯員について 「男女の別」、「出生の年月」、「配偶者の有無」、「就業状態」、「従業地又は通学地」など15項目
世帯について 「世帯員の数」、「世帯の種類」、「住居の種類」、「住宅の建て方」の4項目

調査の流れ

国勢調査は、調査員が各世帯を訪問し、調査書類を配布した後、インターネットによる回答を先行して受け付ける方法で行われます。

調査完了後は、すべての調査票が総務省統計局に集められ、独立行政法人統計センターで集計されます。

調査は、以下に示す流れで実施します。

【総務省統計局】→【宮崎県】→【市町村】→【国勢調査指導員】→【国勢調査員】→【世帯】

  • 指導員及び調査員は、総務大臣が任命する非常勤の国家公務員です。
  • 一部の地域では、調査員事務を受託した事業者が調査を実施します。

結果の公表

調査の結果は最も早い「人口速報集計」を令和3年2月に公表し、その後、年齢別人口・世帯の状況などを集計した「人口等基本集計」を令和3年9月までに公表する予定です。

公表した調査結果については、総務省統計局のホームページのほか、県立図書館、県民情報センターなどで、どなたでも御覧いただけます。

調査への御協力のお願い

国勢調査は非常勤の国家公務員である「国勢調査員」が世帯を訪問する方法で行われます。

調査を進める上で最大のポイントは、すべての人と世帯を漏れなく、重複なく調査することです。

国勢調査を正確かつ円滑に実施するためには、みなさまそれぞれの御協力が必要不可欠です。

調査への御協力をよろしくお願いします。

国勢調査員を募集します

市町村では、「国勢調査員」として、調査業務に理解と誠意を持って携わっていただける、20歳以上の方を広く募集しています。詳しくは、以下のページを御覧ください。

国勢調査員を募集します
(国勢調査員の募集に関するページへ移動)

過去の国勢調査について(宮崎県の概要)

お問い合わせ

総合政策部統計調査課生活統計担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7043

ファクス:0985-29-0534

メールアドレス:tokeichosa@pref.miyazaki.lg.jp