トップ > 暮らし・教育 > 自然・環境 > 産業廃棄物 > 宮崎県ポリ塩化ビフェニル廃棄物処理計画について

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2018年9月13日

宮崎県ポリ塩化ビフェニル廃棄物処理計画について

県では、「ポリ塩化ビフェニル(PCB)廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法」に基づいて、県内のPCB廃棄物の早期かつ計画的な処理を促進することにより、環境汚染を未然に防止し、将来にわたって県民の健康を保護し、生活環境の保全を図ることを目的に「宮崎県ポリ塩化ビフェニル廃棄物処理計画」を策定しています。

PCB(polychlorinated biphenyl)とは、熱で分解しにくい、電気絶縁性が高いなどの性質を有する油状の物質で、トランス(変圧器)やコンデンサ(蓄電器)といった電気機器の絶縁油などとして使用されてきましたが、昭和43年に発生したカネミ油症事件を契機に、有害性と汚染の進行が問題となり、昭和49年以降は製造や新たな使用が禁止されました。

宮崎県ポリ塩化ビフェニル廃棄物処理計画

関連するページへのリンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境森林部循環社会推進課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7081

ファクス:0985-22-9314

メールアドレス:junkansuishin@pref.miyazaki.lg.jp