トップ > 暮らし・教育 > 自然・環境 > 自然保護 > 指定希少野生動植物 > 指定希少野生動植物の概要(ナゴラン)

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2012年12月28日

指定希少野生動植物の概要(ナゴラン)

名称

ナゴランの写真
ナゴラン

学名

Sedireajaponica

科名

ラン科

宮崎県カテゴリー

絶滅危惧1B類

重要度

B

環境省カテゴリー

絶滅危惧1B類

分布

県外:本州(関東以西)、四国、九州、沖縄。朝鮮半島県内:各地散在

生育環境

照葉樹林の樹幹着生

生育状況

県内の樹幹に生育していたが、採取によりほとんどの生育地が消失し、現存個体数は激減している。

減少の主要因

採取、伐採、環境改変(ダム建設)

選定の理由

照葉樹林着生蘭の代表種。花が美しく乱獲され、自生地および生育個体数はごく希で自生地の保護が急務。商業目的で採取・販売されており、栽培愛好家も多い。

特記事項

宮崎県のシンボルとなっている照葉樹林の重要構成種

保護対策指針

  1. 個体の保護
    盗掘の防止と流通・販売の監視、指導
    栽培品の増殖技術の確立と管理
    生育状況等の調査とモニタリング
  2. 生育地の保護
    空中湿度と着生木を守るため、生育地周辺の環境維持と改善
    特別規制地区の設定による法的保護
  3. その他
    保護の必要性の啓発
    栽培株の自然環境への植え戻しルールの確立

関連するページへのリンク

お問い合わせ

環境森林部自然環境課野生生物担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7291

ファクス:0985-38-8489

メールアドレス:shizen@pref.miyazaki.lg.jp