トップ > 県政情報 > 統計 > 生活統計 > 宮崎県の小売物価統計調査(構造編) > 宮崎県の小売物価統計調査(構造編)平成30年分結果(消費者物価地域差指数) > 宮崎県の小売物価統計調査(構造編)令和元年分結果(店舗形態の違いによる価格差)

ここから本文です。

更新日:2020年7月21日

宮崎県の小売物価統計調査(構造編)令和元年分結果(店舗形態の違いによる価格差)

店舗形態の違いによる価格差(宮崎市)

(1)スーパーと一般小売店との比較

スーパーと一般小売店との価格差を比較することを目的として調査している4品目(うるち米、豚肉、コロッケ及び清酒)の宮崎市の年平均価格をみると、うるち米、コロッケ及び清酒はスーパーの価格が安いものの、豚肉は一般小売店の価格が安くなっている。

また、全国都道府県庁所在市と比較すると、宮崎市のスーパーの豚肉と一般小売店の豚肉の価格が安くなっている。

品目(単位)

年平均価格(円)

価格水準(宮崎市のスーパーの

年平均価格=100)

宮崎市

全都道府県庁所在市

宮崎市

全都道府県庁所在市

スーパー

一般

小売店

スーパー

一般

小売店

スーパー

一般

小売店

スーパー

一般

小売店

うるち米(1袋(5kg))

2,153

2,333

2,146

2,224

100

108.4

99.7

103.3

豚肉(100g)

234

163

240

201

100

69.7

102.6

85.9

コロッケ(100g)

119

136

100

121

100

114.3

84.0

101.7

清酒(1本(2,000ml))

1,098

1,380

990

1,182

100

125.7

90.2

107.7

スーパーと一般小売店との比較

(2)スーパーと量販専門店との比較

スーパーと量販専門店の価格差を比較することを目的として調査している5品目(ラップ、洗濯用洗剤、ドリンク剤、生理用ナプキン及び整髪料)の宮崎市の年平均価格をみると、ラップ、洗濯用洗剤、ドリンク剤及び生理用ナプキンはスーパーの価格が安いものの、整髪料は量販専門店の価格が安くなっている。

また、全国都道府県庁所在市と比較すると、宮崎市のスーパーの価格は、調査5品目全てが安くなっており、量販専門店の価格はラップ、生理用ナプキン及び整髪料が安くなっている。

品目(単位)

年平均価格(円)

価格水準(宮崎市のスーパーの

年平均価格=100)

宮崎市

全都道府県庁所在市

宮崎市

全都道府県庁所在市

スーパー

量販

専門店

スーパー

量販

専門店

スーパー

量販

専門店

スーパー

量販

専門店

ラップ(1本(22cm×50m))

293

298

302

308

100

101.7

103.1

105.1

洗濯用洗剤

(1kg(液体))

277

316

299

299

100

114.1

107.9

107.9

ドリンク剤(1箱
(100ml×10本))

994

1,024

1,099

1,009

100

103.0

110.6

101.5

生理用ナプキン

(昼用・10個)

149

157

170

172

100

105.4

114.1

115.4

整髪料(1個(80g))

730

651

731

700

100

89.2

100.1

95.9

スーパーと量販専門店との比較

(用語の説明)

スーパー:食品・日用品を中心にセルフサービス方式で販売している店舗

一般小売店:いわゆる米穀店、精肉店、惣菜店、酒販店など

量販専門店:日用品を販売するいわゆるドラッグストアやホームセンターなど

お問い合わせ

総合政策部統計調査課生活統計担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7043

ファクス:0985-29-0534

メールアドレス:tokeichosa@pref.miyazaki.lg.jp