トップ > くらし・健康・福祉 > 社会福祉 > 地域福祉 > 重層的支援体制整備事業について紹介します

掲載開始日:2022年2月21日更新日:2022年3月3日

ここから本文です。

重層的支援体制整備事業について紹介します

1.重層的支援体制整備事業について

地域住民の複雑化・複合化した支援ニーズに対応する包括的な支援体制を構築するため、市町村において属性を問わない1.相談支援2.参加支援3.地域づくりに向けた支援を一体的に実施する重層的支援体制整備事業が創設され、令和3年(2021年)4月1日から施行されました。
なお、当事業は、地域共生社会の実現に向けた包括的な支援体制を構築するための一手法となる事業であり、県内においても、地域の実情や特色等を活かした取組が開始されております。

参考1重層的支援体制整備事業のイメージ

参考2重層的支援体制整備事業の支援フロー(イメージ)

重層的支援体制整備事業の支援フロー(イメージ)

注)上記参考資料1、2のイメージ図は、厚生労働省作成資料から引用しております。

2.重層的支援体制整備事業における各事業の概要

重層的支援体制整備事業における各事業の内容については、以下のように社会福祉法第106条の4第2項に規定されています。それぞれの事業は個々に独立して機能するものではなく、一体的に展開することで一層の効果が出るとされています。

事業名

内容

包括的相談支援事業
(社会福祉法第106条の4第2項
第1号)

属性や世代を問わず包括的に相談を受け止める

  • 支援機関のネットワークで対応する
  • 複雑化・複合化した課題については適切に多機関協働事業につなぐ
参加支援事業
(社会福祉法第106条の4第2項
第2号)

社会とのつながりを作るための支援を行う

  • 利用者のニーズを踏まえた丁寧なマッチングやメニューをつくる
  • 本人への定着支援と受け入れ先の支援を行う
地域づくり事業
(社会福祉法第106条の4第2項
第3号)

世代や属性を超えて交流できる場や居場所を整備する

  • 交流・参加・学びの機会を生み出すために個別の活動や人をコーディネートする
  • 地域のプラットフォームの形成や地域における活動の活性化を図る

アウトリーチ等を通じた継続的支援事業
(社会福祉法第106条の4第2項
第4号)

支援が届いていない人に支援を届ける

  • 会議や関係機関とのネットワークの中から潜在的な相談者を見付ける
  • 本人との信頼関係の構築に向けた支援に力点を置く

多機関協働事業
(社会福祉法第106条の4第2項
第5号)

市町村全体で包括的な相談支援体制を構築する

  • 重層的支援体制整備事業の中核を担う役割を果たす
  • 支援関係機関の役割分担を図る

3.県内の取組状況について

令和3年度、本県において重層的支援体制整備事業に取り組む市町村はありませんが、令和4年度以降の事業実施に向け、現在、都城市、延岡市、日向市、三股町、都農町、門川町、美郷町、高千穂町の3市5町において、重層的支援体制整備事業に向けた移行準備事業が実施されています。
また、令和2年度までは、地域共生社会の実現に向けた包括的支援体制整備事業(モデル事業)が実施されており、その取組内容については、以下の事例集及びホームページをご覧ください。

(1)令和2年度のモデル事業の取組内容(9自治体)

(2)ホームページ

4.県の取組について

県では、第4期宮崎県地域福祉支援計画(令和3年度から令和7年度)に基づき、これまで養成してきた地域福祉コーディネーターなどの人材も活用しながら、市町村における地域共生社会の実現に向けた地域福祉の推進に取り組んでいます。

5.関連リンク等

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部福祉保健課地域福祉保健・自殺対策担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

ファクス:0985-26-7326

メールアドレス:fukushihoken@pref.miyazaki.lg.jp