掲載開始日:2020年3月30日更新日:2022年3月23日

ここから本文です。

インターンシップ

宮崎県では、「宮崎県職員獣医師に興味がある」「公務員獣医師に興味がある」という獣医学生・獣医師を対象に、インターンシッププログラムを用意しています。

 公務員獣医師インターンシップの応募から参加までの流れ

応募

 
 

県での選考

 
参加可能
 
不可

注意:次年度以降に再度応募してください。

合格通知を受信後

  • 大学入学時などに個人で加入している傷害保険・賠償責任保険の確認
  • 必要書類の提出(依頼書や誓約書など)
  • 県担当者と調整の上、宿泊施設や公共交通手段の予約など
 
インターンシップに参加する
 
助成金申請書等の送付
 
助成金振込確認
 
終了

 インターンシップのモデルケース

  午前(9時00分-12時00分) 午後(13時00分-17時00分)
月曜日

本庁

  • ガイダンス

家畜保健衛生所

  • 業務に関する講義
  • 所内見学
火曜日

家畜保健衛生所

  • 農場立ち入り、検査業務など

家畜保健衛生所

  • 病性診断、検査業務など
水曜日

家畜保健衛生所

  • 農場立ち入り、検査業務など

口蹄疫メモリアルセンター

  • センター内見学など
木曜日

食肉衛生検査所

  • と畜検査業務
  • 食鳥検査業務など

食肉衛生検査所

  • 室内検査など
    (細菌、病理等)
金曜日

保健所

  • 業務に関する講義
  • 食品衛生監視立ち入りなど

保健所

  • 衛生指導立ち入りなど
    (宿泊施設等)

 インターンシップ実施風景

~本庁でのガイダンス~

 

~畜産試験場での飼料畑見学~

~農場立ち入り~

~と畜検査~

~衛生指導立ち入り~

 受け入れ実績(平成21年度~令和元年度)

大学名 人数(人)
宮崎大学

25

北海道大学

7

帯広畜産大学

7

岩手大学

16

東京大学

2

東京農工大学

10

岐阜大学

6

鳥取大学

6

山口大学

1

鹿児島大学

5

酪農学園大学

27

北里大学

12

日本大学

33

麻布大学

19

日本獣医生命科学大学

11

合計

187

 体験者の声(一例)

大学の講義だけでは分からない、獣医師の様々な役割を学ぶことができた。

公務員獣医師の職務内容についてよく知ることができ、今後の進路を決める上での参考になった。

アメリカやその他の国への厳しい輸出認定を受けた食肉衛生検査所ならではの取組を学ぶことができた。

口蹄疫や高病原性鳥インフルエンザの防疫作業など、現場でしか聞くことのできない話を聞くことができた。

畜産の現場を守る家畜保健衛生所、食の安全を守る食肉衛生検査所など、獣医師が支えている産業を身近に感じることができた。

宮崎犬

お問い合わせ

農政水産部畜産新生推進局 家畜防疫対策課防疫企画担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

ファクス:0985-26-7329

メールアドレス:shinsei-kachikuboeki@pref.miyazaki.lg.jp