先輩からのメッセージ

出会い、学び、成長する 吉田 智美

出会い、学び、成長する

吉田 智美
所属:東京事務所(厚生労働省)/入庁:平成26年

○これまでの配属先
H26 市町村課
H28 諸塚村立諸塚中学校
H31 東京事務所(厚生労働省)

派遣先の概要

派遣先の概要 イメージ

 厚生労働省は、医療、介護、子育て支援、年金、労働、福祉など、国民の生活に密着した分野を所管している、国の行政機関です。 予算は約34兆円と、国の一般歳出の半分以上を占めています。

現在携わっている仕事(研修)内容

現在携わっている仕事(研修)内容 イメージ

 研修先の老健局老人保健課は、介護報酬(介護保険が適用される介護サービスを提供した事業者に支払われる報酬)に関する業務を所管しており、私は、3年に一度の介護報酬改定の効果を検証するために実施している調査研究事業の取りまとめや、委員会の運営事務など、報酬改定に関わる業務に携わっています。

県庁との違い

県庁との違い イメージ

 介護報酬改定は、介護部門に精通した有識者の意見を伺いながら、多額の予算を使って全国単位で調査を行い、結果を分析した上で方向性を定め、関係団体と連携し、何度も調整を行った上で専門委員会に諮り、最終決定する、というプロセスで進めていきます。国民に影響することなので当然のことですが、制度を作る、変える行程はとても大変なことだと感じます。

休日の過ごし方、リフレッシュ法

休日の過ごし方、リフレッシュ法 イメージ

 休日には美味しいものを食べて飲んで、楽しく過ごすことでリフレッシュしています。この1年間は東京に住んでいますが、美味しいと話題の料理屋に行ったり、街歩きをしたり、楽しく、充実した休日を過ごしています。

今後の目標

 1年間の厚生労働省での研修を通して、国の制度設計の方法など、初めて知ることが多く、勉強になったことはもちろんですが、制度の隙間で救われない人々がいることを知ることができたことも、良かったと思っています。 県庁に帰った際は、これまで以上に、県民の皆様の立場で物事を考え、行政に取り組む姿勢を持った県庁職員を目指していきたいです。

一日の流れ

8:20 到着(メール・新聞チェック)
9:00 仕事開始
デスクワーク(他、打合せ、会議等)
12:00 昼食
13:00 デスクワーク(他、打合せ、会議等)
19:30 退庁
吉田 智美

受験者へのメッセージ

 私が宮崎県庁に入庁したのは、「地元の宮崎県で働きたい」というただそれだけの理由でしたが、働き出して6年目を迎えた今、幅広い分野の業務を経験する中で、様々な人と出会い、学び、そして成長できる、とても魅力的な職場だと改めて実感しています。宮崎で働きたい、その思いだけで充分だと思います。是非、受験してみてください。