先輩からのメッセージ

坂本 達哉 メインイメージ

より暮らしやすい“日本のひなた”宮崎県に!

坂本 達哉
所属:秘書広報課広報戦略室/入庁:平成31年

県職員を選んだ理由

県職員を選んだ理由 イメージ

 私が中学生の時に、口蹄疫の発生や新燃岳の噴火があり、その復旧、復興に県職員が懸命に取り組んでいる姿をニュースで見て、私も宮崎のために役に立つ仕事がしたい、宮崎をもっと国内外にPRしたいと考え、県職員になることを決めました。

現在携わっている仕事内容

現在携わっている仕事内容 イメージ

 主な業務は、県政の重要なお知らせやイベントなどを新聞各紙に月2回掲載する「県政けいじばん」を作成しています。 また、県内の小中学生などを対象に県庁を案内する「県庁見学」を担当しています。

1年間仕事をしてきて今現在の感想

 入庁1年目でまだまだ分からないことばかりですが、周りの優しい先輩や上司にサポートしてもらいながら、とても充実した日々を過ごしています。 これからも宮崎のさらなる発展のために頑張っていきたいと思います。

休日の過ごし方、リフレッシュ法

休日の過ごし方、リフレッシュ法 イメージ

 友人とドライブに行ったり、読書や散歩をしたりと、その時の気分に合わせてのんびりと休日を過ごしています。
 長期休暇の時は、旅行に行き、写真を撮影したりしてリフレッシュしています。

仕事のやりがいについて

 県庁見学の案内で、小中学生からの質問に答えたり、説明したりする際、子どもたちからとても良い反応が返ってきた時に、やりがいを感じます。中でも、私が案内した子どもから「将来、宮崎県庁で働きたい」とお便りをもらった時は、最高でした。

一日の流れ

7:50 登庁(新聞チェック)
8:30 仕事開始(メールチェック)
10:00 県庁見学案内
11:00 電話対応、来客対応、取材など
12:00 昼食
13:00 デスクワーク(県政けいじばん原稿作成)
15:00 県政行事の写真撮影
15:30 デスクワーク(SNS原稿作成)
18:00 帰宅
坂本 達哉

受験者へのメッセージ

 自分の将来や試験勉強など不安なことがたくさんあり、悩みは尽きないと思いますが、県職員はとてもやりがいのある仕事なので、「宮崎県のために頑張りたい!」という気持ちがある方は、是非、県職員を選んでください!