先輩からのメッセージ

島田 一輝 メインイメージ

宮崎の力になりたい!

島田 一輝
所属:企業振興課/入庁:平成29年

県職員を選んだ理由

 大学進学で上京していたのですが、県外の人が宮崎県について知っていることと言えば「マンゴー」か「宮崎牛」くらいで、宮崎の魅力をもっと知ってもらいたいと感じることがよくありました。
 そうした経験を機に、活躍できるフィールドの広い県職員の立場から、故郷みやざきの魅力を県外に発信するため自分にできることがしたいと思い、この仕事を選びました。

現在携わっている仕事内容

現在携わっている仕事内容 イメージ

 企業振興課は、地域経済の活性化のため、県内企業の支援を担う部署ですが、私は主に知的財産制度(特許、商標、意匠など)の普及及び活用といった点からの支援を行っています。
 県内企業の方と接する機会が多いのですが、人との関わりを大切にしながら仕事を続けていけることはこの部署のやりがいだと感じています。

1年間仕事をしてきて今現在の感想

 「知的財産に関する業務を担当してもらいます」と聞いた時は、「知的財産って何?」という疑問と同時に、仕事をやっていくことに不安を感じました。しかし、周りの先輩や上司の方が丁寧に教えてくれる環境が整っているので、そうした不安はすぐ解消されました。
 また、研修の機会も多いので、自己研鑽に取り組める環境にも恵まれていると感じます。成長していける環境が整っているのは、県庁の魅力のひとつだと思います。

休日の過ごし方

休日の過ごし方 イメージ

 休日は家族と過ごしたり、趣味の釣りに行ったりすることが多いです。
 また、同期や先輩の職員と予定を合わせて遊びに行ったりすることもよくあります。今年は、スキーに行ったことが一番の思い出です。
 県庁職員は活発な方が多く、休日によく誘いを受けるので、お陰でプライベートが充実しています。

仕事のやりがいについて

 企画に携わったセミナーの受講者の方から、御礼の電話をいただいたことがあり、微力ながら誰かの役に立てたことを誇りに思いました。
 県民の方のために力を尽くすことができるのは、県職員のやりがいのひとつだと思います。

一日の流れ

8:15 到着(新聞チェック)
8:30 仕事開始(メールチェック)
10:00 外部関係機関との打合せ
デスクワーク
12:00 昼食
13:00 企業訪問
16:30 課内での打合せ
17:00 デスクワーク
18:00 帰宅
島田 一輝

受験者へのメッセージ

 私は、最後までサークル活動をやりきると決めていたので、試験勉強に取り組み始めたのは、大学3年生の冬頃でした。
 周りの人より遅れてスタートしたこともあり、焦りを感じたこともありましたが、辛いときは友達と遊んでリフレッシュするようにしていました。
 試験勉強は大変だとは思いますが、そうした辛い思いを忘れてしまうくらい、県庁生活は充実しています。
 宮崎県をより良くするために、ぜひ一緒に働きましょう!