先輩からのメッセージ

岡本 南(林業) メインイメージ

宮崎県の森林・林業を様々な角度から考えられる技術者を目指して

岡本 南
所属:東臼杵農林振興局/入庁:平成31年

県職員を選んだ理由

県職員を選んだ理由 イメージ

 私は神奈川県出身ですが、母の故郷である宮崎の大学に進学して森林・林業を学びました。その中で「これからも宮崎に住みたい」、「説明会で林業に対する熱意を感じた宮崎県庁林業職の方々と一緒に働きたい」と思い、県職員を選びました。

現在携わっている仕事内容

現在携わっている仕事内容 イメージ

 県営林(県が管理・経営する森林)や緑化・森林づくりに関する業務を担当しています。デスクワークだけでなく現場に出ることもあり、県営林の地籍調査では、1日中山を歩くこともありまし。また、自分の担当した間伐現場を見たときは感動しました。

1年間仕事をしてきて今現在の感想

1年間仕事をしてきて今現在の感想 イメージ

 初めての社会人、とにかく初めてだらけでまだいっぱいいっぱいになってしまうこともあります。しかしそれ以上に、手厚いサポートの下で様々な仕事を経験できる今の環境に充実感を感じています。これからも楽しみです。

今後の目標

今後の目標 イメージ

 まだまだ社会人としても未熟な面が多いですが、将来、これからの宮崎県の森林・林業を様々な角度から考えることのできる技術者となれるよう、まずは、周りに助けてもらいながら目の前の仕事をひとつひとつ頑張っていきたいです。

職場の雰囲気について

 基本的には新規職員を含め職員ひとりひとりが別の仕事を担当しているのですが、分からないことがあっても上司や先輩職員に声をかけやすい雰囲気です。女性職員や若手職員も多く、服装も堅苦しくないので居心地良く感じています。

一日の流れ

8:10 登庁(回覧やメールのチェック)
8:30 公用車で現場へ出発
10:00 現場(県有林の間伐現場)
12:00 昼食
14:30 デスクワーク
18:00 退庁
その他 ※1日中デスクワークの日もあります
岡本 南(林業)

受験者へのメッセージ

 県庁の林業職は、林業経営・野生鳥獣・木材・治山林道・緑化など、森林に関する多種多様な仕事に携わることのできる“欲張りでお得”な職業だと思っています。「林業先進県みやざき」を誇りに思う仲間に囲まれて働くのはとても楽しいですよ!