先輩からのメッセージ

日々勉強です。 瀨戸山 秀央

日々勉強です。

瀨戸山 秀央
所属:企業局電気課/入庁:平成22年

○これまでの配属先
H22 営繕課
H24 企業局施設管理課
H27 企業局総合制御課
H30 企業局電気課

県職員を選んだ理由

県職員を選んだ理由 イメージ

 大学では情報工学を学び、民間企業で5年間、車載する電子部品の開発業務を行っていました。地元に帰って自分の知識・経験が生かせる職場を探したところ、強電から弱電まで様々な仕事ができる県職員の電気職という仕事を知り、応募しました。

現在携わっている仕事内容

現在携わっている仕事内容 イメージ

 私の所属する制御・情報通信担当では、県企業局が運営している水力発電所や工業用水道施設を遠隔で監視・制御する総合監視制御システムと、通信の基盤となるネットワーク設備、電話設備等の設備保守や整備等を行います。

仕事のやりがいについて

 仕事のやりがいについて イメージ

 定期的に異動がありますので、その度に学び直すのは大変ですが、その代わりに多くの知識や経験を身に付けることができます。また、同じ専門性を持つ職員の方との切磋琢磨することが仕事のやりがいにつながっていると感じます。

休日の過ごし方、リフレッシュ法

休日の過ごし方、リフレッシュ法 イメージ

 クルマや、バイク、自転車、カメラが好きなので、休日も何らかの機械を触っていることが多いです。仕事中はどうしてもストレスと離れることはできないので、上手な解消法を持っていると良いと思います。

今後の目標

 県庁の仕事は、同じ仕事だけを何十年も続けることはできません。その中でも技術職と呼ばれる組織の中で輝くためには、やはり日々の勉強が必要だと感じています。資格取得も含め現場対応力を高めることが当面の目標です。

一日の流れ

8:15 登庁
8:30 業務開始(メールチェック、電話確認等)
9:00 公用車にて現場移動
10:30 現場(水力発電所)到着
点検準備
11:00 点検開始
(IPテレメータ・テレコントロール設備、ネットワーク設備、電話設備等)
12:00 昼食
13:00 点検再開
15:00 点検終了
片付け
15:30 現場出発
17:00 帰庁
片付け
18:00 退庁
瀨戸山 秀央

受験者へのメッセージ

 発電所の保守業務など、責任の大きい仕事も多く、不安に感じることもあるかもしれませんが、慎重に考えながらも物怖じせずに行動することが大切だと思います。頼れる先輩方が居ますので是非県庁で一緒に働く仲間になって下さい。