先輩からのメッセージ

「緊張感」と「スピード感」の意識を持って、仕事に取り組んでいます。 河野 健二

「緊張感」と「スピード感」の意識を持って、仕事に取り組んでいます。

河野 健二
所属:企業局電気課/入庁:平成16年

○これまでの配属先
H16 営繕課
H18 県立産業技術専門校
H25 県立芸術劇場
H28 企業局電気課

県職員を選んだ理由

 私は県外出身で、大学進学をきっかけに宮崎県を訪れました。温暖な気候で年間を通して大変過ごしやすく、優しい県民性などみやざきの魅力にとても惹かれていきました。
 就職先について考えていた際に、県職員(電気職)の募集を知り、自分が魅力的だと感じた地域で働き、大学で学んだことも活かせると思い受験することを決めました。

現在携わっている仕事内容

現在携わっている仕事内容 イメージ

 私が所属している企業局電気課の制御・情報通信担当は、企業局の全ての発電所と工業用水道施設を集中して監視制御する総合監視制御システム及び情報通信設備の管理、企業局職員が使用するパソコン、サーバの利用調整等の仕事を担当してします。
 平成29年度は、通信用鉄塔撤去工事、総合監視制御システム、電話設備及びネットワークカメラの保守業務等に携わりました。

仕事のやりがいについて

 発注した工事や職員が行う作業は、施工業者、同僚、上司その他関係者の協力がなければ前に進めることが出来ません。大変な業務も多いですが、周囲の協力等を得て成し遂げられた時は、やりがいを感じ、次の仕事への意欲も高まります。

休日の過ごし方、リフレッシュ法

休日の過ごし方、リフレッシュ法 イメージ

 休日は、家族と一緒に近くの公園や食事に出かけることが多いです。子どもはまだ小さいのですが、日に日に一人で出来ることが増え驚かされることが多く、子どもの成長を楽しむことが出来ています。
 家族と過ごすことを大切にすることで、心身共にリフレッシュしています。

今後の目標

 これまで営繕業務、職業訓練指導、県有施設管理業務、発電事業の制御・情報通信業務を経験してきました。約3年で異動となることが多いため、配属後は色々なことをできるだけ多く吸収していけるよう、「緊張感」と「スピード感」を持って仕事に取り組んでいます。
 今後も様々な経験を積み、幅広く電気設備の知識や技術を高めていきたいと考えています。

一日の流れ

8:20 到着
8:30 仕事開始(メールチェック)
9:00 現場作業(機器点検・作業)
12:00 昼食
13:00 現場業務(機器点検・作業)
16:00 デスクワーク(報告書作成)
18:00 帰宅
河野 健二

受験者へのメッセージ

 電気職の職務は、現在私の仕事に関わりのある水力発電をメインとした電気事業や工業用水道事業の他にも、県有施設の営繕、防災行政無線の運営及び管理 、行政情報化のシステム整備及び管理、治水ダム管理、研究開発、職業訓練指導等があります。
 様々な経験をすることができ、あらゆる職種の方と接する機会も多いです。これまで学んだことや経験したことのない分野もあり大変なこともありますが、活躍出来る機会もたくさんあります。その皆さんと一緒に働くことが出来る日を楽しみにしています!