先輩からのメッセージ

こどもの成長する力を信じ、笑顔につながる支援をしたい 児玉 奈緒美

こどもの成長する力を信じ、笑顔につながる支援をしたい

児玉 奈緒美
所属:北部福祉こどもセンター/入庁:平成26年

○これまでの配属先
H26 中央福祉こどもセンター
H29 北部福祉こどもセンター

県職員を選んだ理由

 学生時代に児童相談所で実習を経験したことがきっかけです。一人の子どもに対して、多くの職員が色々な想いを持ちながら関わっていることに感銘を受けました。
 私も大好きな宮崎県で、困り感を抱えている子どもや家族に対し、微力ながらも何か出来ることはないかと思い、県職員を選びました。

現在携わっている仕事内容

現在携わっている仕事内容 イメージ

 現在は児童相談所で児童心理司として働いています。
 療育手帳の判定業務や、虐待・非行・不登校など様々な困りごとを抱えるお子さんや保護者の方に対して、児童福祉司や一時保護所の職員と連携しながら、心理判定や面接などの相談支援を行っています。

仕事のやりがいについて

 心理検査や面接を始め、得られた情報をもとに子どもの状態を見立て、今一番大切なことは何か、どのような支援があれば成長へと繋がるかということを考えて行きます。
 どう考えたらいいかな、これで良かったのかなと悩んだり、中々変化の見られない状況に苦心することも多いですが、子どもの笑顔や成長した姿、頑張ろうとしている姿を見たときにやりがいを感じます。
 今後、もっと柔軟な対応力を身につけ、様々な視点を持って支援出来るよう、研鑽していきたいです。

休日の過ごし方、リフレッシュ法

休日の過ごし方、リフレッシュ法 イメージ

 ゆっくり温泉に行って身体を休めたり、甥っ子や姪っ子と遊んだりして癒やされています。また、おいしい物を食べたり飲んだり、好きなものを作る時間を意識して持つようにしています。
 今後は県内外の色々な温泉を巡りたいな~と思っているところです。

これまでの仕事で印象に残っていること

 子どもとの関わりの中で印象に残ることも色々ありますが、解決策が見えずに不安を抱えながら子育てをされているお母さんが来所された後、「児童相談所に来て良かった。何をどうして良いか分からなかったけど、やっていけそうです。」と言ってくださった時、子どもを含めた家族を支えることが大切なのだと改めて気付かされました。
 これからも、少しでも子どもや家族の支援に役立てるよう、専門性を高めていきたいです。

一日の流れ

8:10 到着(スケジュール確認)
8:30 朝礼、仕事開始
9:00 デスクワーク
9:30 相談対応
12:00 昼食
13:00 相談対応
16:00 デスクワーク
18:00 帰宅
児玉 奈緒美

受験者へのメッセージ

 心理職ではありますが、業務内容や求められるスキルも職場によって様々です。その中で、自分がどうあるべきか悩んだり大変なことも多いですが、心理職の先輩をはじめ、色々な方が話をじっくり聞いてくれ、支えてくれます。また、子どもたちの成長する姿や笑顔に元気づけられることもたくさんあります。
 子どもたちの笑顔のために、皆さんと一緒に働ける日を楽しみにしています!