先輩からのメッセージ

“ひなた”のような支援を目指して 島田 彩圭

“ひなた”のような支援を目指して

島田 彩圭
所属:中央福祉こどもセンター/入庁:平成27年

○これまでの配属先
H27 南部福祉こどもセンター(都城児童相談所)
H30 中央福祉こどもセンター(中央児童相談所)

県職員を選んだ理由

県職員を選んだ理由 イメージ

 県外で育ちましたが、宮崎のあたたかい土地柄と人に惹かれ、宮崎県で就職したいと思っていました。また、大学では臨床心理学を学び、子どもと関わる活動に参加していたことから、児童福祉の現場で働きたいと思い、様々な現場で幅の広い支援に携わることのできる県職員を選びました。

現在携わっている仕事内容

現在携わっている仕事内容 イメージ

 現在は児童相談所で児童心理司として働いています。主に子どもの心理判定や面接を担当しています。児童福祉司と同行して家庭や学校に訪問し、子どもさんやそのご家族と面談をすることもあります。

仕事のやりがいについて

 児童に関する相談の種類は様々で、支援方法に悩むことも多いですが、相談前は不安そうな表情だった子どもやご家族が、帰る際にほっとした表情や笑顔になっていたときは、少しでも力になれたかなと励みになります。

休日の過ごし方、リフレッシュ法

休日の過ごし方、リフレッシュ法 イメージ

 休日は、映画を見に行ったり、買い物に出掛けたりしてリフレッシュしています。職場の先輩や同僚と一緒に食事や旅行に行くこともあります。私は県外出身なので、プライベートでも仲良くしてもらえるのが有難いです。

今後の目標

 子どもやご家族のためにより良い支援ができるよう、研修等に積極的に参加し、他現場で働く心理職と情報共有して幅広い知識を得ることで、心理職としての専門性を向上させたいと思っています。また、一県職員として、これまで上司や先輩に教わったことを後輩の皆さんにつないでいけるよう頑張りたいです。

一日の流れ

8:20 登庁
8:30 職員朝礼、引き継ぎ
9:30 児童の心理判定
12:00 昼食
13:30 家庭・学校訪問、児童面接
16:00 デスクワーク
18:00 退庁
島田 彩圭

受験者へのメッセージ

 県職員は、様々な現場で働けることが魅力の一つだと感じています。心理職として求められる専門性も現場によって異なるため、幅広い知識やスキルを身に付けることができます。皆さんと働けることを楽しみにしています。