先輩からのメッセージ

宮崎県民が安心して暮らせるために 三谷 佳弘

宮崎県民が安心して暮らせるために

三谷 佳弘
所属:日南保健所/入庁:平成25年

○これまでの配属先
H25 延岡保健所
H28 衛生管理課
H31 日南保健所

県職員を選んだ理由

県職員を選んだ理由 イメージ

 私は宮崎県に入職する前に4年間、民間の病院に勤務していましたが、県職員では病院薬剤師としてだけでなく、行政職として環境や食品、試験研究など幅広く薬剤師の職能が発揮できると思い志望しました。

現在携わっている仕事内容

現在携わっている仕事内容 イメージ

 産業廃棄物の適正処理や監視指導、大気・水質・土壌等の汚染防止対策等を行っている他、豊かな水辺環境を引き継ぐ為に小学生に総合学習「水辺の学習」を実施するなど、県民の暮らしに非常に身近な業務を行っています。

仕事のやりがいについて

仕事のやりがいについて イメージ

 県職員は概ね3年毎の人事異動により、様々な地域で色々な分野の業務を経験します。現場の業務に悪戦苦闘することもありますが、実際に経験したことを県の施策に反映することができるという点でやりがいを感じます。

休日の過ごし方、リフレッシュ法

休日の過ごし方、リフレッシュ法 イメージ

 休日は、ドライブを兼ねて、通勤中に気になった日南海岸沿いのお店などで、家族とおいしいものを食べることが楽しみです。また、勤務時間外に、職場の同僚とバドミントンをすることもリフレッシュになっています。

これまでの仕事で印象に残っていること

これまでの仕事で印象に残っていること イメージ

 新規事業の予算要求、補助金等事業、講習会や試験の開催、災害等の突発対応など、その場面毎に思い入れがありますが、一緒に疑問を突き詰めて相談に乗っていただいた上司や同僚との時間が、最も印象に残っています。

一日の流れ

8:10 登庁(新聞チェック)
8:30 仕事開始(メールチェック)
9:00 事業場排出水採水(日南・串間市内)
12:00 昼食
13:00 デスクワーク(窓口・電話対応)
17:15 片付け
17:30 帰宅
三谷 佳弘

受験者へのメッセージ

 私も入庁前に民間の病院に勤務していましたが、一度病院や薬局で働いて県職員になるケースも多くあります。新卒者・既卒者にかかわらず県民の為に働きたいという方、一緒に働ける日を楽しみにしています。