先輩からのメッセージ

日々、勉強 小山 愛梨

日々、勉強

小山 愛梨
所属:県立延岡病院/入庁:平成24年

○これまでの配属先
H24 衛生環境研究所
H28 県立延岡病院

県職員を選んだ理由

県職員を選んだ理由 イメージ

 大学の4年間を県外で過ごし、いつかは地元に帰りたいと思っていました。また臨地実習で2カ月間、延岡病院で実習をさせていただいたことも選んだ理由のひとつです。県北の地域医療を支える急性期病院というだけあり全ての検査部門を経験できたことはとても勉強になりました。
 地元に貢献でき、かつ基本的、専門的な知識を学ぶにはとても良い環境だと思い、県職員を目指しました。

現在携わっている仕事内容

 現在携わっている仕事内容 イメージ

 現在は血液検査を担当しています。 血液細胞の鏡検や、凝固検査、白血病などの血液疾患には必須である骨髄検査や標本作成などが主な仕事です。これらに加え夜間や休日の当直業務にも対応しています。

仕事のやりがいについて

仕事のやりがいについて イメージ

 これまで衛生環境研究所と病院を経験し、それぞれ職場環境や検査の内容は異なりますが、検査結果を迅速かつ正確に伝えるということに関しては同じです。自分の出した結果でその後の方針が変わるため、プレッシャーもありますが、一方でやりがいも感じます。

休日の過ごし方、リフレッシュ法

休日の過ごし方、リフレッシュ法 イメージ

 出かけることが好きなので、時間があればどこか旅行に行きます。別府や湯布院で温泉に入り、美味しいものを食べることが最高に幸せです。また最近は器にはまっており、波佐見焼や有田焼などお気に入りの器を集めに出かけます。

今後の目標

 検査といってもさまざまな分野に分かれており、その分野ごとに幅広い知識が必要となります。最近では、より専門性を高めた認定検査技師という制度があります。今後は認定検査技師を目指し、専門スキルを身につけるため、日々勉強中です。

一日の流れ

8:10 到着
8:30 業務開始(標本観察)
10:00 外来出張(骨髄標本作成)
12:00 昼食
13:00 標本観察
16:30 デスクワーク、片付け
17:30 帰宅
小山 愛梨

受験者へのメッセージ

 臨床検査技師は、病院では医療チームの一員として検査業務に従事し、行政機関である衛生環境研究所や健康増進課ではインフルエンザなどの感染症や公衆衛生業務に従事します。 仕事の内容は病院と行政で異なりますが、不安に思うことはありません。経験したことが自分の知識となり糧になります。また周りには経験豊富な先輩方がたくさんいます。 宮崎県の医療のために皆さんも一緒に働きましょう!