先輩からのメッセージ

誰かの笑顔のために 宮之原 あい

誰かの笑顔のために

宮之原 あい
所属:総務事務センター/入庁:平成21年

○これまでの配属先
H21 小林土木事務所
H24 都城市立丸野小学校(学校事務)
H27 総務事務センター

県職員を選んだ理由

 学生の頃から「人の役に立ちたい」「人を笑顔にしたい」という気持ちがあり、就職を考えたときも、社会貢献性の高い公務員がパッと思いつきました。
 なかでも、県職員なら、生まれ故郷である宮崎県全体に貢献できると思い、強く惹かれていきました。

現在携わっている仕事内容

現在携わっている仕事内容 イメージ

 県職員を「給与・旅費(出張等)」の面から支えています。例えば、子どもが生まれたとき、扶養手当・児童手当・子どもの健康保険証・出産費請求など、様々な手続きがあります。
 大切な手続きですが、手間がかかると職員本来の業務に支障が出かねませんので、適切にフォローし、正確に処理をします。
 また、相談しやすく、職員が安心して業務のできる環境づくりに努めることで、間接的ですが、県民サービスの向上に繋がればと思います。

仕事のやりがいについて

 手当等の手続きに困っていた担当課の職員から、相談して良かったと言われたり、同じ業務を担当している人から処理の相談を受け、解決できたりすると、やりがいを感じます。
 また、出張にかかる旅費の計算も行うのですが、海外出張や複雑な行程の旅費が、正確かつスムーズに支給されると達成感があります。

休日の過ごし方

休日の過ごし方 イメージ

 友人とライブに行ったり、習い事へ通ったりしています。
 県庁にはスポーツ系や文化系のクラブがたくさんあります。私も以前より、バドミントンクラブに参加していました。業務とは異なるコミュニケーションの輪が広がって面白いですよ。

これまでの仕事で印象に残っていること

 1年間、新規職員の指導をしたことです。
 自分の業務と並行しながら、新規職員の業務も把握しつつ、先の予定を見て指導をすることは容易ではありませんでした。また、情報の漏れがなく、分かりやすく伝えることの難しさも、身に染みて感じました。
 しかし、新規採用職員に少しずつ知識が増え、点在していた知識が繋がった瞬間を見られたときは、とても嬉しかったのを覚えています。今ではすっかり大事な戦力になっています。一緒に成長し充実した1年を過ごさせてもらいました。

一日の流れ

8:10 到着(メールチェック)
8:30 仕事開始
旅費支給処理
9:00 給与台帳・明細チェック
12:00 昼食
13:00 旅費支給事務
15:00 旅費計算書作成
18:00 帰宅
宮之原 あい

受験者へのメッセージ

 県庁には異動があるので、不安に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、私の同期には「定期的に転職しているみたいで楽しい!」と話す人もいます。
 希望どおりの業務や、思いもよらなかった業務に携わることで、様々なことに触れ、見識を広めることができます。
 異動は成長のチャンスです。一緒に成長して、宮崎県の発展に力を尽くしましょう!みなさんと共に働けることを楽しみにしています!