先輩からのメッセージ

土木の力で宮崎を支える 小川 拓也

土木の力で宮崎を支える

小川 拓也
所属:日向土木事務所/入庁:平成22年

○これまでの配属先
H22 河川課 災害担当
H24 日向土木事務所 椎葉駐在所
H26 国土交通省道路局(研修)
H27 道路建設課
H30 日向土木事務所 道路保全担当

県職員を選んだ理由

県職員を選んだ理由 イメージ

 大学3年生のインターンシップにおいて、国土交通省にお世話になったのですが、新たにできる道路の工事現場や道路メンテナンスを学ばせて頂き、公務員の土木職になりたいと決めました。 ただ、土木職でも国・県・市町村がありますが、「地元の宮崎県に貢献できる仕事がしたい」「大きな事業に携わってみたい」と考えるようになり、宮崎県の土木職を志望しました。

現在携わっている仕事内容

現在携わっている仕事内容  イメージ

 日向土木事務所では、道路を安全に利用してもらうため、道路施設の維持補修・点検業務に携わっています。また、台風などの自然災害において道路が壊れないよう未然に対策を行う道路防災工事等にも携わっており、国土強靱化にも励んでいるところです。

仕事のやりがいについて

仕事のやりがいについて イメージ

 椎葉駐在所勤務時に、がけ崩れ等から住民の生命を守る急傾斜地崩壊対策工事を担当していたのですが、工事が完成した際に地元住民の方から「ありがとう!!」と感謝されたときに、土木職になって良かったなと感じました。地元住民の方と協力しながら事業を進め、工事の完成を迎えるときは、住民の皆様と一緒に喜び合えることも土木職の魅力です。

休日の過ごし方、リフレッシュ法

休日の過ごし方、リフレッシュ法 イメージ

 最近の休日の過ごし方としては、3歳になる子どもを公園に連れて行くことが日課となっており、自分の時間があるときにサッカーやランニングで汗を流して、リフレッシュしています。また、県庁のサッカー部にも所属しており、サッカーを通じて様々な職種の方と知り合えるため、仕事をする上でも役立ちます。

今後の目標

今後の目標 イメージ

 施工現場では、少しの工夫でより快適なものができるため、経験のある先輩や上司にアドバイスを頂きながら、より良いものが作れるよう日々精進しています。今後は、資格試験等を活用しながら自分自身の技術力を高め、将来、少しでも皆さんの良き先輩となれるよう頑張りたいと思います。

一日の流れ

8:00 登庁(新聞チェック)
8:30 仕事開始(メールチェック)
8:40 道路巡視業者との打合せ
10:00 施工現場の現場立会い
12:00 昼食(ランニング&筋トレ)
13:00 デスクワーク
15:00 コンサルタント業者と橋梁補修設計協議
16:30 デスクワーク
18:00 帰宅
小川 拓也

受験者へのメッセージ

 県内の異動が心配かも知れませんが、知らない土地に住むことは、各地域の文化を知るチャンスであり、貴重な経験だと思います。土木職は、そんな地域の思いや声を聞きながら、道路、河川、港湾など幅広い分野の仕事に携わることができる魅力ある仕事です。皆さんと一緒に仕事が出来る日を楽しみにしています。