先輩からのメッセージ

地域の畜産振興のために自分ができることを考え、実行する 山本 史華

地域の畜産振興のために自分ができることを考え、実行する

山本 史華
所属:南那珂農林振興局/入庁:平成25年

○これまでの配属先
H25 西諸県農林振興局 農畜産課
H28 南那珂農林振興局 農業経営課(南那珂農業改良普及センター)

県職員を選んだ理由

県職員を選んだ理由 イメージ

 宮崎県の畜産に携わりたいという気持ちから畜産学科がある大学に進学しました。大学在学中に口蹄疫が発生し、畜産業界に甚大な被害をもたらしました。家畜を守り、畜産に関わる方々の笑顔を取り戻したいという思いで多様な仕事ができる県職員を選びました。

現在携わっている仕事内容

現在携わっている仕事内容 イメージ

 肉用牛、乳牛の飼養管理や飼料作物の栽培管理をより良くするため、生産者と相談しながら改善を図っていく仕事をしています。また、生産者の技術力向上につながるように各種研修会を実施しています。 生産者が前向きな一歩を踏み出せるように日々仕事に励んでいます。

仕事のやりがいについて

仕事のやりがいについて イメージ

 地域のことを最優先に考え日々の普及活動に精力的に取り組むことで、自分の活動が「地域に浸透してきた」と実感することができます。様々な活動の中で地域の生産者、関係者の笑顔が見られたときに、最もやりがいを感じます。

休日の過ごし方、リフレッシュ法

休日の過ごし方、リフレッシュ法 イメージ

 昼休みや業務終了後に、同僚とテニスや卓球をしてリフレッシュをしています。休日には、地域の祭りに参加するなど、積極的に地域行事にも参加しています。また、今年は同僚4人で縄文杉を見るために屋久島旅行に行きました。

これまでの仕事で印象に残っていること

 全ての仕事が印象深く1つ挙げることは難しいですが、やはり全国和牛能力共進会が印象に強く残っています。事前準備から一緒に取り組ませてもらい、管内の牛が首席を獲った時、2席だった時は、自然と涙がこぼれました。このような経験をさせていただき感謝の気持ちでいっぱいです。

一日の流れ

8:10 登庁(新聞チェック)
8:30 仕事開始(メールチェック)
9:30 研修会の資料作り
デスクワーク
12:00 昼食(卓球)
13:30 会議(串間)
15:00 巡回(串間、南郷)
17:00 デスクワーク
18:00 退庁
山本 史華

受験者へのメッセージ

 宮崎県の畜産は、全国でトップクラスです。日本の畜産をリードする存在であり続けるため、生産者とともに頑張っています。宮崎県の畜産振興のため、熱意をもった皆さんと一緒に働けることを楽しみにしています。