先輩からのメッセージ

地元の水産業を知り、深く関われる水産職 齋藤 友則

地元の水産業を知り、深く関われる水産職

齋藤 友則
所属:南那珂農林振興局/入庁:平成25年

○これまでの配属先
H25 水産試験場資源部(沿岸資源、アマダイの資源解析を担当)
H28 宮崎県水産振興協会へ出向(カサゴ、マダイの種苗生産、アマダイの採卵を担当)
H31 南那珂農林振興局(串間市の水産業普及指導を担当)

県職員を選んだ理由

 県職員を選んだ理由 イメージ

 大学で水産学を学び、地元で知識や経験を活かすことが出来る水産職を魅力的に感じました。また宮崎の水産は、魚種や漁業種類が多岐にわたっており、地元の水産業をもっと深く知り、関わりたいと思い、本県の水産職を志望しました。

現在携わっている仕事内容

現在携わっている仕事内容 イメージ

 現在は、魚価向上の取組に力を入れています。漁業者が行っている漁獲物のネット販売に関する機材導入や、開設予定の道の駅での魚の販売方法に関する協議を行っています。
 近年、魚の販売や流通の方法は大きく変化しており、日々勉強しながらより良い提案を模索しています。

仕事のやりがいについて

仕事のやりがいについて イメージ

 現在の仕事は、漁場探索から加工、流通まで多岐にわたり、直接漁業者の経営に影響します。経営改善への提案等自分が携わった仕事について、漁業者から感謝されたときにやりがいを感じます。

これまでの仕事で印象に残っていること

これまでの仕事で印象に残っていること イメージ

 アマダイに関する業務です。初任地の水産試験場でアマダイの資源や放流後の定着状況などの研究に携わりました。次の赴任先は水産振興協会への出向で、放流するための稚魚を育てる仕事に触れました。現在の普及指導業務では、放流後の漁獲状況や放流の効果等について、漁業者と意見交換しています。
 一つの魚種ですが、「つくり、育て、管理し、利用する」すべてに関わる仕事が出来ました。

学問の“水産”から産業の“水産”へ

 学生時代と入庁後では、水産との関わり方が変わりました。私は学生時代、イカの生態を研究しましたが、このときはあくまでも学問としての水産でした。入庁後は漁業者や水産業界の振興のため、産業として、より深く水産と関わることが出来ていると感じています。

一日の流れ

8:00 登庁
8:50 串間市の市場で情報収集
11:00 漁業者とネット販売に関する加工機器導入の打ち合わせ
12:00 昼食
13:30 漁協、養殖業者と魚病、養殖漁場管理の意見交換会
16:00 デスクワーク
17:45 退庁
齋藤 友則

受験者へのメッセージ

 水産職は、県の漁業と深く関わっています。研究、行政、普及の各分野で水産業の振興を目指しており、水産の知識を活かせる職業だと思います。是非私たちと漁業者と一緒に宮崎県の水産業をより良くしていきましょう!