先輩からのメッセージ

専門知識を生かして宮崎県に貢献したい 眞分 康弘

専門知識を生かして宮崎県に貢献したい

眞分 康弘
所属:財産総合管理課 防災拠点庁舎整備室/入庁:平成26年

○これまでの配属先
H26 企業局 施設管理課
H28 営繕課
H31 財産総合管理課 防災拠点庁舎整備室

県職員を選んだきっかけ

県職員を選んだきっかけ イメージ

 大学では機械加工を専攻していました。就職を検討した際、宮崎県で少しでも専門知識が生かせる場所はないかと考え、県職員を選びました。

現在携わっている仕事内容

現在携わっている仕事内容 イメージ

 県では災害応急対策の司令塔として機能を果たす防災庁舎を建設しており、発注している複数の工事のうち管・空調工事を担当しています。図面のとおり適切に施工されているかのチェックなどの工事監理を行っています。

仕事のやりがいについて

仕事のやりがいについて イメージ

 設備工事は新しい防災拠点庁舎をはじめ、建築物を機能させる上で、重要不可欠なものであり、その監理には大きな責任とやりがいを感じます。また、専門性の高い分野でもあるため、学ぶことが尽きない仕事です。

休日の過ごし方、リフレッシュ法

休日の過ごし方、リフレッシュ法 イメージ

 映画鑑賞や読書をして過ごすことが多いです。また、ゆったり料理し、しっかり食事することで、心身のリフレッシュを行うようにしています。

今後の目標

今後の目標 イメージ

 入庁して6年目になりますが、未知の分野がまだまだ沢山あり、様々な方々に教えてもらいながら、これまで仕事を続けてくることができました。感謝の気持ちを忘れずに、好機心を持って、業務に取り組みたいです。

一日の流れ

8:20 登庁(始業準備)
8:30 仕事開始(メールチェック等)
10:30 打ち合わせ
12:00 昼食
13:00 施工現場の状況確認
15:00 デスクワーク
18:00 退庁
眞分 康弘

受験者へのメッセージ

 基本的には宮崎市内での業務が多いのですが、部署によっては出張で県内各地へ足を運ぶことがあり、様々な県有施設について知ることができるのは大きな魅力のひとつです。
 あなたと共に仕事ができることを楽しみにしています。