先輩からのメッセージ

「相談してよかった」と言ってもらえる保健師になりたい 安部 晴香

「相談してよかった」と言ってもらえる保健師になりたい

安部 晴香
所属:小林保健所/入庁:平成25年

○これまでの配属先
H25 延岡保健所
H28 健康増進課感染症対策室
H31 小林保健所

県職員を選んだ理由

県職員を選んだ理由 イメージ

 元々、地域住民の健康を支える保健師として働くことが夢でした。県の保健師は、県内各地で、様々な業務に携わることができ、たくさんの経験を積むことができるので、県職員として働くことを選びました。

現在携わっている仕事内容

現在携わっている仕事内容 イメージ

 現在は、保健所の保健師として難病対策業務に携わっています。難病をお持ちの支援対象者が地域で安心して生活できるよう、家庭訪問や面接での相談対応を通じて、関係機関の方と協力しながら療養生活の支援をしています。

仕事のやりがいについて

仕事のやりがいについて イメージ

 関係機関と検討を重ね、支援対象者の抱える問題が1つでも解決したときは、やりがいを感じます。また、日々の業務の中で支援対象者やご家族から「あなたに話して良かった」と言ってもらえたときは、嬉しい瞬間です。

休日の過ごし方、リフレッシュ法

休日の過ごし方、リフレッシュ法 イメージ

 県職員になってから、マラソンやヨガに挑戦しています。体を動かし汗をかくことで日頃の疲れをリフレッシュできます。また、毎年必ず旅行に行くことをモチベーションにしながら日々仕事に励んでいます。

今後の目標

 「あの人に相談すれば、なんとかなるかも」と思ってもらえるような保健師になりたいと思っています。法律や制度がめまぐるしく変わる中、個々に適した支援ができるよう、日々知識を増やし、経験を積んでいきたいです。

一日の流れ

8:20 登庁
8:30 仕事開始(メールチェック等)
10:00 家庭訪問
12:00 昼食
13:00 窓口対応
15:00 デスクワーク(記録作成・申請書類の処理等)
17:30 退庁
安部 晴香

受験者へのメッセージ

 県の保健師の業務は多岐にわたり、高い専門性を求められますが、先輩方のサポートを得ながら、着実に成長できると思います。福利厚生も充実しており、働きやすい職場です。皆さんと働ける日を楽しみにしています!