試験制度の変更点

令和3年度職員採用試験の変更点は、次のとおりです

  ○ SPI3試験について
   第1次試験の「SPI3」試験は、全国47都道府県に設置されるテストセンターまたは宮崎県庁で受験できます。
   なお、「SPI3」試験の受験申込に際しては、エントリーシートの提出が必要です。

  〇 一般行政(社会人)について
   社会人の受験年齢の上限を「39歳以下」に引き上げます。

  〇 大学卒業程度(技術系職種)、保健師採用試験について
   6月に実施していた第1次試験を4月から実施し、「SPI3」を使用します
   (6月に実施する試験は、一般行政、警察事務のみになります。)。

  〇 社会人を対象とする試験(技術系職種)について
   1.受験年齢の上限を令和3年4月1日時点で「39歳以下」に引き上げます。
2.6月に実施していた第1次試験を4月から実施し、「SPI3」を使用します
   3.機械、農業土木を新たに募集します。

  ○ 警察官採用試験A・Bについて
   ITパスポート等の国家試験を取得している方を対象に「情報工学」の区分試験を新設します。

【試験案内配布開始日】
  2月25日(木) 大学卒業程度(一般行政特別枠、一般行政(社会人)、技術系職種、技術系職種(社会人))、保健師採用試験
  4月22日(木) 大学卒業程度(一般行政、警察事務)、警察官A(男性・女性・情報工学)
  7月 8日(木) 高等学校卒業程度、臨床検査技師、警察官B(男性・女性・情報工学)
  8月 2日(月) 障がい者を対象とする職員採用選考試験
  9月13日(月) 就職氷河期世代を対象とする職員採用選考試験