トップ > 暮らし・教育 > 男女共同参画・人権 > 人権啓発・教育 > 広げよう!シトラスリボンプロジェクト

ここから本文です。

更新日:2020年11月30日

広げよう!シトラスリボンプロジェクト

「シトラスリボンプロジェクト」とは

「シトラスリボンプロジェクト」とは、愛媛県の有志グループ「ちょびっと19+」発の取組で、「地域」「家庭」「職場(または学校)」を象徴する3つの輪をかたどったシトラス(柑橘類)カラーのリボンをつけ、「ただいま」「おかえり」を言い合える人の輪を作り、新型コロナウイルスに感染された方やエッセンシャルワーカー(下記説明あり)の方々を応援し、偏見や差別をなくそうというプロジェクトで、全国の自治体や学校、企業・団体等が取り組んでいます。

本県におきましても、複数の企業・団体(関連リンクを参照)が、この運動に賛同され、様々な取組を行なっておられます。

人権同和対策課では、宮崎県人権啓発センターだより「じんけんの風」において、一般社団法人宮崎県トラック協会の取組の紹介をしております。関連リンクにある宮崎県人権ホームページより閲覧できますので、是非ご覧ください。

「思いやりの心で豊かな人間関係を」の気持ちで、この「シトラスリボンプロジェクト」を広げ、新型コロナウイルス感染症に関する差別や偏見のない社会に向け、県民一丸となってこの困難な状況を乗り越えていきましょう。

エッセンシャルワーカー

「医療・介護・福祉」、「物流・交通事業」、「小売業」など日常生活における、必要不可欠な仕事を担う方々のこと。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総合政策部人権同和対策課啓発・研修担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-32-4469

ファクス:0985-32-4454

メールアドレス:jinkendowataisaku@pref.miyazaki.lg.jp