トップ > 県政情報 > 統計 > 生活統計 > 家計調査 > 家計調査Q&A

ここから本文です。

更新日:2010年7月1日

家計調査Q&A

家計調査とはどのような調査なのかご存じでない方も多いのではないでしょうか?そこで、ここではよくある質問にお答えします。

Q1.家計調査ってどんな調査?

A1.家計調査とは、総務省統計局が統計法に基づいて毎月行なっている調査です。みなさんの世帯の収入や支出、貯蓄・負債について調査を行います。

Q2.家計調査をする目的は?

A2.家計調査は、国民生活の実態を家計収支の面から明らかにし、さまざまな経済及び社会問題に対する施策立案の基礎資料を提供することを目的としています。

Q3.どんな世帯が対象になるの?

A3.学生の単身世帯を除くすべての世帯を対象としています。ただし、すべての世帯において調査を実施することは困難ですので、家計調査規則によって定められた方法で調査対象世帯の中からいくつかの世帯を無作為抽出して調査を行なっています。

Q4.どうやって調査世帯は選ばれるの?

A4.調査世帯が選ばれるにはいくつかの過程があります。それを順をおって説明していきましょう。

  1. まず、国によって人口規模(国勢調査による)などをもとにグループ分けがおこなわれ、調査を行う市町村、さらに実際に調査が行われる地域が決定されます。
  2. 次に、県が任命した調査員が地域内の全世帯を訪問し、名簿を作成します。
  3. 調査員が作成した名簿から、県が乱数表を用いて無作為に調査世帯を抽出します。抽出された世帯には県から依頼状を発送します。
  4. その後、抽出された世帯に対して再度調査員が訪問し、調査の依頼と詳しい説明を行います。

こうした方法で宮崎県では現在、宮崎市、延岡市、小林市で調査を行なっています。

Q5.調査世帯はどんなことをすればいいの?

A5.家計調査で世帯の方に記入していただく調査票は4種類あります。

  1. 家計簿・・・記入開始月から6ヵ月間(単身世帯は3ヵ月)、日々の収入と支出を記入していただきます。
  2. 世帯票・・・世帯の構成や住宅の種類(持ち家かアパートか)等を記入していただきます。
  3. 年間収入調査票・・・家計簿記入開始月を含めた過去1年間の収入を記入していただきます。
  4. 貯蓄等調査票・・・家計簿記入開始後3ヵ月目に貯蓄・負債の現在高を記入していただきます(単身世帯は除きます)。

調査票のうち3と4は専用封筒に密封して提出していただき、そのまま県に届けられます。

Q6.調査の結果はどんなことに利用されているの?

A6.みなさんにご協力いただいた調査結果は,国民生活の実態を把握するものとして政府・地方公共団体ばかりでなく,民間の会社,研究所あるいは労働組合などでも広く利用されています。調査結果の主な利用には次のようなものがあります。

  • 経済政策や社会政策を立てるための分析用資料
  • 経済動向あるいは景気動向をみる指標
  • 国,地方公共団体,企業などで賃金水準を決めるための資料
  • 消費者が購入する商品やサービスの需要予測の資料
  • 国民経済計算の民間最終消費支出を推計するための基礎データ
  • 消費者物価指数を作成するための指数品目の選定及びウエイトの算定の資料

Q7.調査世帯の情報が漏れることはないの?

A7.これはみなさんが一番気にされている点ではないでしょうか。
家計調査は統計法に基づいた調査であるため、調査によって知り得た情報についても厳しい規制がされており、秘密が完全に保護されるよう定められています。また、調査の内容は、統計以外の目的で使用されることはなく、例えば、徴税のために使われるようなことは絶対にありません。

Q8.家計調査の結果は見ることができるの?

A8.家計調査の結果は総務省でまとめられ、新聞やテレビ等のメディアで発表される他、報告書として都道府県や図書館などに配布されます。また、総務省統計局のホームページでも、その結果はご覧になることができます。

招き猫(イラスト)

お問い合わせ

総合政策部統計調査課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7042

ファクス:0985-29-0534

メールアドレス:tokeichosa@pref.miyazaki.lg.jp