トップ > 県政情報 > 統計 > 統計全般 > 統計みやざき > 主要指標の動き

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2019年4月1日

主要指標の動き

人口、経済、労働など各分野の主要指標の動きをグラフで紹介しています。

消費

販売

人口

工事

人口

画像:人口のグラフ(詳細は続けて本文に記載)平成31年2月1日現在の本県の推計人口は1,078,047人で、前月より753人の減少となりました。
前月からの動きをみると、社会動態では転入が転出を上回ったため5人の増加、自然動態では出生が死亡を下回ったため758人の減少となりました。
また、世帯数は前月より198世帯減少して468,557世帯となりました。
(2-1表資料:県統計調査課)

鉱工業指数

画像:鉱工業指数のグラフ(詳細は続けて本文に記載)平成31年1月の本県の鉱工業指数(平成27年=100)は、生産指数の季節調整済指数が96.2で前月比0.3%の上昇、原指数が91.4で前年同月比2.9%の上昇となりました。
出荷指数は、季節調整済指数が94.1で前月比3.4%の上昇、原指数が86.8で前年同月比0.9%の低下となりました。
在庫指数は、季節調整済指数は101.6で前月比3.5%の低下、原指数が105.2で前年同月比10.5%の上昇となりました。
なお、全国の生産指数(季節調整済)(平成27年=100)は、101.1で前月比3.4%の低下、九州の生産指数(季節調整済)(平成27年=100)は、103.8で前月比1.7%の低下となりました。
また、1月の宮崎県、九州の数値は速報値、全国の数値は確報値となります。

(4-3表資料:県統計調査課)

新設住宅着工戸数

図:新設住宅着工戸数のグラフ(詳細は続けて本文に記載)平成31年1月の県内の新設住宅着工戸数は398戸で前年同月比15.3%減少しました。
利用関係別では、「持家」が249戸で前年同月比19.7%増、「貸家」が91戸で同50.0%減、「分譲」が52戸で同33.3%減となりました。
(5-1表資料:国土交通省)

公共工事請負状況

図:公共工事請負状況のグラフ(詳細は続けて本文に記載)前払保証からみた平成31年2月の県内の公共工事請負状況は、件数247件、請負金額77億35百万円で、前年同月(255件、58億28百万円)比、件数は3.1%減、請負金額は32.7%増となりました。
発注者別では、「国」が13件の40億57百万円、「県」が86件の15億26百万円、「市町村」が145件の20億76百万円などでした。
(5-2表資料:西日本建設業保証(株)宮崎支店)

企業倒産状況

図:企業倒産状況のグラフ(詳細は続けて本文に記載)平成31年2月の企業倒産(負債額1千万円以上の法人及び個人企業)は1件で、負債総額10百万円でした。
業種別では、「運輸業」が1件で、倒産の理由は販売不振でした。

(8-6表資料:(株)東京商工リサーチ宮崎支店)

百貨店・スーパー販売動向(旧大型小売店販売動向)

図:百貨店・スーパー販売動向のグラフ(詳細は続けて本文に記載)平成31年1月の県内百貨店及びスーパー(計31事業所)の総販売高は56億1百万円で、前年同月比4.8%減(既存店では4.8%減)となりました。

(9-2表資料:経済産業省)

消費者物価指数

図:消費者物価指数のグラフ(詳細は続けて本文に記載)平成31年1月の宮崎市の消費者物価指数(平成27年=100)は総合指数で101.7となり、前月比0.4%の上昇、前年同月比0.1%の下落となりました。
前月から上昇した費目は、「食料」(104.5で1.6%の上昇)、「光熱・水道」(104.9で0.2%の上昇)、「家具・家事用品」(97.8で0.7%の上昇)、「諸雑費」(103.0%で0.2%の上昇)となりました。
また、前月から下落した費目は、「被服及び履物」(98.7で1.5%の下落)、「教養娯楽」(99.5で0.3%の下落)となりました。
(10-3表資料:県統計調査課)

求人状況

図:求人状況のグラフ(詳細は続けて本文に記載)平成31年1月の本県の有効求人倍率(季節調整値)は1.44倍で、前月より0.05ポイント低下、前年同月より0.06ポイント低下となりました。
月間有効求職者数(原数値)は17,782人で前年同月比1.3%減少し、月間有効求人数(原数値)は27,901人で同比5.3%減少しました。

(11-1表資料:厚生労働省宮崎労働局職業安定部)

労働関係指数

図:労働関係指数のグラフ(詳細は続けて本文に記載)平成30年12月の本県の常用雇用指数(平成27年=100、事業所規模5人以上)は105.2で前年同月を4.3%上回りました。
名目賃金指数(きまって支給する給与)は101.7で、前年同月を2.0%下回りました。
また、総実労働時間指数は94.9で前年同月を3.8%下回りました。

(11-2表資料:県統計調査課)

お問い合わせ

総合政策部統計調査課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7042

ファクス:0985-29-0534

メールアドレス:tokeichosa@pref.miyazaki.lg.jp