トップ > くらし・健康・福祉 > 保健・健康づくり > 感染症対策 > 新型コロナウイルスワクチン接種に係る支援(10・11月実績分の申請等)について

掲載開始日:2022年3月25日更新日:2022年12月5日

ここから本文です。

新型コロナウイルスワクチン接種に係る支援(10・11月実績分の申請等)について

  • 下記内容を御覧の上、10・11月実績分の申請をお願いします。特に期限の厳守をお願いしたいため、必ず下記「申請手順等」を御覧ください。
  • 昨年度と以下の点が変更となっております。
    • 請求書、実績報告書、職域接種チェックシートの押印不要
    • 職域チェックシートの提出
    • 請求書下部にある担当者欄の必須
  • 10・11月実績分の仮申請受付期間は、令和4年12月5日(月曜日)から令和4年12月19日(月曜日)です。
  • 4・5月実績分の申請受付は、終了しました。
  • 6・7月実績分の申請受付は、終了しました。
  • 8・9月実績分の申請受付は、終了しました。

新型コロナウイルスワクチン個別接種促進事業(個別接種)の事業延長について

上記のことについて、事業期間は9月末までとなっていましたが、9月22日付通知で国から令和5年3月末まで延長する旨の連絡がありましたので、県でも同一の期間・要件等で支援事業を実施しますのでお知らせします。一部の事業期間(病院において50回以上/日の接種を実施した場合への支援)については令和4年11月末までで終了し、他の事業でも追加要件がありますので、詳細につきましては下記関係書類欄にある別添ファイルの要綱・要領にて、ご確認をお願いします。

追加期間

  接種対象期間 申請期間(予定)
10・11月実績分 10月2日(日曜日)から12月3日(土曜日) 12月5日(月曜日)から12月19日(月曜日)
12・1月実績分 12月4日(日曜日)から2月4日(土曜日) 2月6日(月曜日)から2月20日(月曜日)
2・3月実績分 2月5日(日曜日)から3月31日(金曜日) 4月3日(月曜日)から4月14日(金曜日)

支援の目的

型コロナウイルスワクチンの接種を早期に完了させるため、個別接種に係る体制を確保する医療機関の取組を支援することを目的とする。

支援メニュー(個別接種に係る支援)

事業名

内容

提出書類

1.

診療所における接種体制確保協力金

(ア)

週100回以上の接種を令和4年10月2日から令和4年12月3日までの期間に4週間以上行う場合

⇒+2,000円/回

週150回以上の接種を令和4年10月2日から令和4年12月3日までの期間に4週間以上行う場合

⇒+3,000円/回

なお、それぞれの週のうち、少なくとも1日は、時間外、夜間又は休日に接種体制を用意していること。

※令和4年10月以降においては、週100回(150回)以上の接種を行なったそれぞれの週のうち、少なくとも1日は、時間外、夜間又は休日に係る接種体制を用意していること。

(イ)

診療所が50回以上/日の接種を行なった場合は、1日あたり定額で10万円を交付。

※令和4年10月以降においては、50回以上の接種を行なったその日において、時間外、夜間又は休日に係る接種体制を用意していること。

(ア)に該当しない週に限る((ア)と重複での交付は不可)。

【必須】個別接種支援事業申請様式

様式1:請求書

様式2(診療所用):

新型コロナウイルスワクチン接種の実績報告書(診療所)、職域接種チェックシート

【今回が初めての申請となる場合】

通帳の表紙及び見開きページ(カナ名義が確認できる箇所)をスキャンしたデータ

【請求者名と口座名義人が異なる場合】

委任状

 

※今後、「時間外、夜間又は休日に係る接種体制を用意していること」の確認として予約受付状況等が分かる書類の提出をお願いする可能性がありますので保管をお願いします。

2.

病院における接種体制確保協力金

(ア)

病院が50回以上/日の接種を行なった場合は、1日あたり定額で10万円を交付。

※50回以上の接種を行なったその日において、時間外、夜間又は休日に係る接種体制を用意していること。

※11月30日まで

(イ)病院が特別な体制を組んで、50回以上/日の接種を週1日以上令和4年10月2日から令和4年12月3日までの期間に4週間以上行う場合に、(ア)に加えて追加交付。

医師1人1時間当たり7,550円

看護師等1人1時間当たり2,760円

【必須】個別接種支援事業申請様式

様式1:請求書

様式2(病院用):

新型コロナウイルスワクチン接種の実績報告書(病院)、職域接種チェックシート

今回が初めての申請となる場合

通帳の表紙及び見開きページ(カナ名義が確認できる箇所)をスキャンしたデータ

【請求者名と口座名義人が異なる場合】

委任状

 

※今後、「時間外、夜間又は休日に係る接種体制を用意していること」の確認として予約受付状況等が分かる書類の提出をお願いする可能性がありますので保管をお願いします。

申請手順等

  1. 令和4年10月2日から12月3日までの実績について、下記より該当する書類をダウンロードのうえ作成し、令和4年12月5日(月曜日)から12月19日(月曜日)の間に下記提出先まで電子メールで御提出ください。
    • メールのタイトルは「(医療機関名)新型コロナウイルスワクチン接種緊急支援事業の申請(10・11月分)」としてください。
  2. 今年度より、押印不要となったため、請求書下部に担当者の所属先・氏名(フルネーム)・連絡先を明記してください。また、申請書提出の際は、職域接種チェックシートもセットで提出してください。
  3. 内容審査後に、県から正式申請依頼の連絡を電子メールで行いますので、書類を郵送又は、電子メール(PDF)で御提出ください。正式申請の提出期限は1月6日(金曜日)ですが、円滑な事務処理のため、県から正式申請の提出依頼がありましたら速やかに御提出ください。
  4. 正式申請後、1か月~1ヶ月半程度を目途に指定の口座へお支払いします。

提出先等

  • 宮崎県福祉保健部薬務対策課ワクチン接種市町村支援担当

関係書類

ご案内チラシ

実施要領及び交付要綱

申請様式

マニュアル

留意事項

  • 書類の提出、ダウンロードがWebで行えない場合はご相談ください。
  • 内容審査後に、県から正式申請依頼の連絡を電子メールで行いますので、書類を郵送又は電子メール(PDFファイル)で速やかに御提出ください。
  • 正式申請後、1か月~1か月半程度を目途に指定の口座へお支払いします。
  • 今後、「時間外、夜間又は休日に係る接種体制を用意していること」の確認として予約受付状況等が分かる書類の提出をお願いする可能性がありますので保管をお願いします。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部薬務対策課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

ファクス:0985-44-2753

メールアドレス:wakuchin-hojokin@pref.miyazaki.lg.jp