ここから本文です。

更新日:2018年11月10日

DVに関するチェック項目

カラーイラスト

DVに関するチェック項目について紹介します。あなたとパートナーの間にこのような徴候があると、要注意です。

  • ささいなことで怒鳴ったり、物に当たったりする。
  • 人が傷つくことを平気で言う。
  • 自分の予定を優先させないと、無視したり不機嫌になる。
  • 電話の着信履歴やメールをチェックする。
  • 「何してる?」「誰と会う?」などと行動を制限する発言が多い。
  • 相手の意見を聞かずに、自分勝手に物事を決める。
  • 思いどおりにならないと、怒鳴ったり責めたりおどしたりする。
  • 殴るふりをしたり、叩いたり蹴ったりする。
  • 無理やり性的な行為をする。
  • 避妊に協力しない。
  • 勝手に借金を重ねる。

暴力をふるっている人も、暴力を受けている本人も、それがDVの行為であることに気付かない場合があります。
これまで当たり前だと思っていたことが、DVのサインかもしれません。
もし、自分自身に当てはまる項目があると気付いたら、自らの態度や行動を見直しましょう。
反対に、相手に当てはまる項目があると気付いたら、DVの徴候ではないかと考えてみましょう。

関連するページへのリンク

お問い合わせ

総合政策部生活・協働・男女参画課男女共同参画推進担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7040

ファクス:0985-20-2221

メールアドレス:seikatsu-kyodo-danjo@pref.miyazaki.lg.jp