トップ > 暮らし・教育 > 男女共同参画・人権 > 女性に対する暴力 > DV(配偶者等や恋人からの暴力)は、重大な人権侵害です

ここから本文です。

更新日:2018年11月10日

DV(配偶者等や恋人からの暴力)は、重大な人権侵害です

パープルリボン(女性に対する暴力根絶を訴えるシンボルマーク)

DV(ドメスティック・バイオレンス)とは、配偶者や恋人など親密な関係にある、又はあったものからふるわれる暴力のことです。
県で実施した「男女共同参画社会づくりのための県民意識調査」(平成27年実施)では、女性の約4割、男性の約2割が、「夫、妻、恋人から何らかの暴力を受けた経験がある」と答えており、県内でも決して無関係な問題ではありません。

DVが起こる社会的背景としては、「女性は男性に従うものだ」といった固定観念や、「理由があれば暴力をふるっても仕方がない」といった暴力を容認する傾向があることが指摘されています。
また、相手を独り占めして束縛する(される)ことが愛情だと思っている恋愛観など、様々な原因があると言われています。

DVは、犯罪となる行為をも含む重大な人権侵害であり、決して許されるものではありません。

【DVについて、知ってください】

関連するページへのリンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総合政策部生活・協働・男女参画課男女共同参画推進担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7040

ファクス:0985-20-2221

メールアドレス:seikatsu-kyodo-danjo@pref.miyazaki.lg.jp