ここから本文です。

更新日:2014年5月8日

島津久厚家文書(複製本)

島津久厚家文書(複製本)

島津久厚家文書(複製本)

都城市早鈴町の旧鹿児島藩私領都城の北郷(ほんごう)家(島津家※)に所蔵されてきた文書です。鎌倉時代から大正期に及ぶ871点について、原文書を撮影したマイクロフィルム及びそれをもとに作成した複製本を保存しています。

(注)北郷家(島津家)
島津氏4代忠宗の六男資忠(すけただ)は、文和元年(1352)に足利尊氏から北郷の地300町を与えられ、北郷薩摩迫(現山田町)に移住して、北郷氏を名乗るようになりました。永和元年(1375)には、北郷氏2代誼久(よしひさ)が、都嶋(みやこじま現在の都城市城山公園)に築城し、都之城と称したことが都城の地名の由来といわれています。北郷氏は,、一時鹿児島県の祁答院(けどういん)地方(現宮之城町)に移されましたが、再び、寛文3年(1663)にこの地に戻り、島津姓に復しました。

お問い合わせ

総務部総務課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7002

ファクス:0985-28-8760

メールアドレス:somu@pref.miyazaki.lg.jp