トップ > 県政情報 > 統計 > 産業統計 > 漁業センサス

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2018年10月1日

漁業センサス

2018年漁業センサスを実施します

漁業センサス」を平成30年11月1日現在(流通加工調査は平成31年1月1日)で実施します。

漁業の現状を知り、将来を考えるための大切な調査です。

ご協力をよろしくお願いします。

調査の概要

「漁業センサス」は、漁業の生産構造、就業構造を明らかにするとともに、漁村、水産物流通・加工業などの漁業をとりまく実態と変化を総合的に把握することを目的に、統計法に基づいて5年ごとに行う大規模な調査で、1949年(昭和24年)に第1回目を実施してから、今回で14回目となります。

調査の方法

県知事が任命した統計調査員が調査対象となる漁業経営体を訪問し、調査票を配付し回収します。オンラインでの回答も可能です。漁業経営体から面接調査の申出があった場合には、聞き取りによって調査を行います。

調査の対象

県では沿岸市町で海面漁業を営んでいる漁業経営体について調査を実施します。

漁業経営体は個人経営体と団体経営体(会社・漁業協同組合、漁業生産組合、共同経営、その他)に分類されます。

調査結果

外部サイトへリンク

お問い合わせ

総合政策部統計調査課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-32-4451

ファクス:0985-29-0534

メールアドレス:tokeichosa@pref.miyazaki.lg.jp