更新日:2020年3月23日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症対策本部会議(第5回)

開催日時

令和2年3月23日(月曜)17時00分から

場所

宮崎県庁本館知事会議室

出席者

対策本部本部員(本部長:知事、本部員:各部局長等)

次第

  1. 県の主催するイベント等・公の施設に関する対応方針
  2. その他

議事概要

議題1に関して、担当部局からの説明後、以下のとおり意見があった。

(郡司副知事)
学校はどのような状況か。

(教育長)
春休み前日までは休校。春休み明けの始業式・入学式については、3月27日までに県立学校の方針を決定して、市町村に連絡する予定。

(企業局)
企業局が所管している一ツ瀬のゴルフ場は高齢者の利用が多いこともあり、現在休業中であるが、この方針を受け感染防止対策を行なった上で4月1日から再開する予定。高齢者の健康づくりの場にもなっており、運動は睡眠等とともに免疫力向上にもつながる。ゴルフはアウトドアで少人数であることから、レストラン等の感染対策を徹底するとともに、利用者の海外渡航歴や37.5度以上の発熱がないことを確認するなど、感染対策をしっかりやれば再開できると考えている。検温レーザーも購入したところ。

(教育長)
美術館、図書館、博物館等についてもできるだけ早く再開したいと考えている。

(福祉保健部)
福祉保健部でも地域の実情に応じてきめ細やかに対応していく。イベント等の実施にあたっては、相談をいただければ、このように対策すれば実施できるとか、それでもやはり難しいとか助言するなど、きめ細やかに柔軟に対応していきたい。

(最後に知事から)
門家会議の見解を受け、イベント等・公の施設に関する対応方針を確認した。
本県の新型コロナウイルス感染症の患者で入院治療中の方も、回復に向かっている。濃厚接触者の方の健康観察も引き続き行なっている。世界で30万人以上の感染が確認されている中、国内は持ちこたえている。
今後、専門家会議の意見等も踏まえ、感染対策、学校休業への対応、地域経済対策という3つの柱で対策に取り組んでいくこととなる。特に地域経済については、一律ではなく、状況に応じたきめ細やかな対策が必要と考えている。県民への情報提供や、感染拡大防止についても、きめ細やかな対応をしていきたい。
今日の方針決定については、速やかに市町村にも伝えてもらいたい。また、本日、飲食業の団体とも意見交換を行なったが、大変打撃を受けているとのことである。感染防止対策を行いながら、地産地消の応援消費を進めていきたい。年度末の送別会の時期であるが、中止になったものもあると聞いている。閉ざされた空間の中大勢で行うものは問題があるのかもしれないが、少人数で行うなど、地域経済を回していくことも必要だと思う。県民にも協力を呼び掛けたい。各部局も状況に応じ適宜適切に対応してほしい。

会議資料

お問い合わせ

福祉保健部福祉保健課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

電話:0985-26-7074

ファクス:0985-26-7326

メールアドレス:fukushihoken@pref.miyazaki.lg.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。