トップ > しごと・産業 > 労働・雇用 > 労働相談 > 労働者個人と使用者とのトラブル解決

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

更新日:2016年10月3日

労働者個人と使用者とのトラブル解決

労働者個人と使用者との間のトラブル解決をお手伝いします

労働委員会では、労働者個人と使用者との労働関係に関するトラブル、いわゆる個別的労使紛争の「相談」を受けて、解決のために双方からお話を伺い、助言等を行なう「あっせん」を行なっています。お気軽にご利用ください。

相談は、来訪・電話・メール・FAXでできます。また、労働委員会を利用する場合の費用は無料です。

FAXの場合は、以下のファイルをダウンロードし、必要事項を記入の上、送信してください。

【トラブルの例】

  • 突然、解雇を通告されたが、納得できない。
  • パートで働いているが、事前に何の説明もなく、時給を引き下げられた。

個別的労使紛争のあっせん事例


相談の挿絵

【あっせん制度Q&A】

  • Q1.「あっせん」とは、何ですか?
  • A1.労働問題に関して経験豊かな「あっせん員」が紛争当事者双方の言い分をお聞きして、問題点を整理のうえ、助言等を行い、歩み寄りによる解決のお手伝いをします。
  • Q2.相談とあっせんは誰が申請できますか。
  • A2.県内に所在する事業所に勤務する労働者個人と、その使用者が申請できます。
    なお、費用は無料です。
  • Q3.あっせんはどのように行われますか。
  • A3.労働委員会か最寄りの中小企業労働相談所(雇用労働政策課、日南、都城、延岡県税・総務事務所内)に相談に行かれて、あっせんを希望されると、あっせん員が双方の主張を確かめ、解決に結びつく合意点を探りながら、話合いによる解決をお手伝いします。
  • Q4.どんなトラブルでも相談とあっせんを受けられますか。また、もっと詳しく知りたいのですが、どこに問い合わせればいいですか。
  • A4.労働者と使用者との間で起きた労働関係に関するトラブルを取り扱いますが、相談とあっせんの対象とならないものがあります。詳しくは、労働委員会か最寄りの中小企業労働相談所までお問合わせください。

相談とあっせんの流れ

あっせんフロー図(注意事項)

  1. 相談は秘密を厳守しますが、あっせん申請されますと、申請者の氏名や申請内容を相手方に伝え、相手方に対してあっせんを受けるかどうかなどの確認を行います。
  2. 紛争解決が困難と判断される場合は、やむを得ずあっせんを打ち切る場合があります。

申請書等ダウンロードサービス

(申請書の記載例・要綱・要領)

申請書の提出方法

申請書は、次のいずれかの方法で労働委員会事務局に提出してください。

  1. 直接ご持参いただく方法
  2. 郵送する方法

なお、ファックスや電子メールでの申請は受け付けておりませんので、ご了承ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

労働委員会事務局調整審査課 

〒880-0805 宮崎県宮崎市橘通東1丁目9番10号

電話:0985-26-7262

ファクス:0985-20-2715

メールアドレス:rohdohi@pref.miyazaki.lg.jp