トップ > くらし・健康・福祉 > 障がい者 > 障がい者福祉 > 「福祉・介護職員処遇改善臨時特例交付金」について

掲載開始日:2022年2月10日更新日:2022年2月16日

ここから本文です。

「福祉・介護職員処遇改善臨時特例交付金」について

1.概要

国の「コロナ克服・新時代開拓のための経済対策」(令和3年11月19日閣議決定)に基づき、福祉・介護職員を対象に、賃上げ効果が継続される取組を行うことを前提として、収入を3%程度(月額9,000円)引き上げるための措置が、令和4年2月から実施されます。

2.補助金の内容

<注意事項>

ここに掲載されている情報は、現段階における案を含みます。
今後、国(厚生労働省)の検討状況により、内容が変更される可能性があります。
最新の情報がわかり次第、更新いたしますので、御確認をお願いします。

対象期間

  • 令和4年2月から9月の賃金引上げ分(以降も、別途賃上げ効果が継続される取組を行う)

補助金額

  • 対象障害福祉サービス事業所等の福祉・介護職員(常勤換算)1人当たり月額9,000円の賃上げに相当する額。対象サービスごとに福祉・介護職員(常勤換算)に応じて必要な交付率を設定し、各事業所の総報酬にその交付率を乗じた額を支給。

取得要件(いずれの要件も必要です)

  • 処遇改善加算1.~3.のいずれかを取得している事業所(現行の処遇改善加算の対象サービス事業所)
  • 令和4年2・3月(令和3年度中)から実際に賃上げを行なっている事業所
  • 補助額の3分の2以上は、福祉・介護職員等のベースアップ等(注意)の引上げに使用すること(4月分以降。基本給の引上げに伴う賞与や超過勤務手当等の各種手当への影響を考慮しつつ、就業規則(賃金規定)改正に一定の時間を要することを考慮して令和4年2・3月分は一時金による支給を可能とする。)。
    注意:「基本給」又は「決まって毎月支払われる手当」

対象となる職種

  • 福祉・介護職員
  • 事業所の判断により、他の職員の処遇改善にこの処遇改善の収入を充てることができるよう柔軟な運用を認める。

スケジュール

令和4年2月

【事業所→県】賃上げを実施した旨の報告書を提出。

令和4年4月 【事業所→県】処遇改善計画書(交付申請書)の提出。
令和4年6月から

【県→事業所】交付決定。補助金を毎月分交付。

(令和4年2~4月分については、令和4年6月にまとめて交付予定)

賃金改善期間経過後 【事業所→県】処遇改善実績報告書の提出

参考資料

(厚生労働省)から発出された資料について掲載します。

3.賃金改善開始の報告

概要

「福祉・介護職員処遇改善臨時特例交付金」について、令和4年2月分及び3月分の賃金改善を行なっていることを確認するため、報告を求めるものです。詳細は、以下の依頼文書を御確認ください。

報告期限

  • 原則:令和4年2月28日(月曜日)
  • 例外:令和4年3月31日(木曜日)(令和4年3月分とまとめて、同年2月分の賃金改善分を支給する場合)

報告方法

宮崎県電子申請システム(以下リンク)による報告をお願いします。

4.補助金に関する質疑について

本補助金に関する質疑については、以下の流れでお問い合わせください。

  1. まずは、Q&Aを御確認ください。
  2. 次に、厚生労働省が設置したコールセンターにお問い合わせください(令和4年2月4日以降)。
  3. 最後に、県障がい福祉課にお問合せください。

Q&A

現段階の案を含みますので、今後変更される可能性があります。

電話でのお問合せ

令和4年2月4日(金曜日)以降、厚生労働省コールセンターでお問合せを受け付けます。

  • 福祉・介護職員処遇改善臨時特例交付金コールセンター
  • 電話:03-5253-1111(内線:3698・3699)(受付時間:平日10時~16時)

5.令和4年10月以降の対応について

令和4年10月以降の対応については、現在、国(厚生労働省)で検討されております。

詳細については、分かり次第、別途御連絡いたします。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部障がい福祉課 

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

ファクス:0985-26-7340

メールアドレス:shogaifukushi@pref.miyazaki.lg.jp