トップ > しごと・産業 > 公共事業・建築・土木 > 技術基準 > 建設キャリアアップシステム活用モデル工事の試行について

掲載開始日:2022年3月9日更新日:2022年7月5日

ここから本文です。

建設キャリアアップシステム活用モデル工事の試行について

建設キャリアアップシステムは、建設技能者の処遇改善を推進するために構築されたシステムであり、技能者の資格や現場での就業履歴等を登録・蓄積し、技能・経験が客観的に評価され、技能者の適切な処遇に繋げることを目的としております。

建設キャリアアップシステムの活用を推進するため、取扱いを一部改正しましたのでお知らせします。

  1. 活用推奨モデル工事の対象を県土整備部が発注する全ての工事に拡大しました。
  2. 義務化モデル工事のみ認めていた現場利用料等の費用計上について活用推奨モデル工事も対象とすることとしました。

1.対象工事

  • 【義務化モデル工事】
    県土整備部が発注するWTO対象工事などの大規模な建設工事のうち、発注機関が必要と認めた工事
  • 【活用推奨モデル工事】
    県土整備部が発注する建設工事のうち、義務化モデル工事を除く全ての工事

対象案件は、入札公告及び特記仕様書に記載します。

2.適用

単価抜き設計書における単価適用年月日が「令和4年7月1日」以降のものに適用します。

3.建設キャリアアップシステム活用モデル工事実施要領

4.Q&A

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県土整備部技術企画課技術基準担当

〒880-8501 宮崎県宮崎市橘通東2丁目10番1号

ファクス:0985-26-7313

メールアドレス:gijutsukikaku@pref.miyazaki.lg.jp